中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 3 view

広東省の春茶、寒波と雨で2割減

今年の広東省の春茶は寒波と雨の影響で減産となったようです。

寒潮加雨水 广东春茶产量下降近两成

进入5月,我国多地迎来了春茶上市时节,记者走访广州部分市场与茶叶行业协会获悉,受春节前霸王级寒潮席卷全国多个产茶区与南方春雨过多的影响,继去年之后,今年我国多数产茶区又迎来茶叶采摘的小年,广东、云南等春茶产量降低约两成。业内提醒街坊,今年并非收藏茶叶的好年份,因为高端品质茶叶稀缺,而中低端则量多价平。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201605/00004491.html

5月に入り、我が国の多くの地域では春茶の発売の時期を迎えています。杭州の一部の市場と茶葉業界協会への取材によると、春節前の強い寒波が全国の多くの茶産地を襲ったことと南方の春の雨が多すぎた影響もあり、昨年に引き続いて、今年も我が国の多くの茶産地ではまた茶摘みにとってはあまり良くない年となってしまいました。広東省、雲南省などの春茶の産量は約2割減っています。業界内では、今年はコレクション用には良くない年で、なぜなら高級品質のお茶が少なく、中級や低級の量が多くて価格も安いからです。

 

春茶の茶摘み量は2割近く減少

茶は生活必需品ではないため、まず経済の大きな環境の影響を受けます。5月に入り、春茶の発売の時期ではありますが、どのようにして今年のお茶を選んで購入すれば良いのでしょうか?市場への取材によれば、今年の茶の生産と発売にはいずれも新しい動向が出ています。沈子玉氏は客家炒緑の専門家で、彼によれば春節前、30年に一度の強い寒波が全国の多くの茶産地を席巻し、それによって深刻な凍害と大雨をもたらしました。これによって今年の全国の各茶産地では生産量がどこも減りました。

春に入ってからも、広東を含む南方の地域の雨は多く推移し、茶業における茶摘み量は2割減少しました。これは昨年に続いて、今年も茶にとっては当たり年では無かったということです。

広東の三大品種のお茶の産量はいずれも減っていて、今年もお茶のコレクションにとっては良い年ではありませんでした!芳村茶城の多くの茶商によれば、客家炒緑、英徳紅茶、潮州鳳凰単叢は凍害と雨や雪の災害を受けて、品質がある程度低下しました。これらの茶商への取材によれば、広東の多くの茶産地、たとえば潮汕地区や永徳などでは、低温による凍害が発生し、省内の茶園はどこもある程度の被害を受けていて、広東省東部の単欉烏龍茶区と広東省北部の紅茶産地の被害はやや深刻です。

 

今年の茶の品質は天候の影響を受け、高くなりにくい

推計によると、広東省全体では約6万畝の茶園の茶樹で凍結の現象が起きているそうです。雪や凍結は広東省東部、広東省北部の茶産地で70~80%程度の凍害をもたらし、深刻な被害を受けた茶園は約30~40%です。

雨の多い時期に入り、南方の広い範囲で雨が多すぎる状況になり、これが茶樹の生産において困った減少をもたらし、茶の品質が高まるのが難しくなりました。

普洱茶の産地である雲南省も被害は深刻で、今回の寒波によって最も大きな影響を受けた茶産地です。概算の統計によれば、雲南省の茶園は170万畝あまりが被災し、30万畝前後が大きく被災し、経済損失は9億元あまりになります。

 

消費のヒント:高級茶は少なく、中級茶の売れ行きが好調

それでは街ではどのようにして今年のお茶を選べば良いのでしょうか?沈子玉氏が教えてくれました。春茶の市場では、市場の影響、産量と茶摘みコストなどの多くの影響を受け、2016年の高級な春茶の価格は少し値上がりになるといいます。

中低級のお茶の価格は引き続き、庶民的です。取材によると、街で好まれている客家緑茶は、中上級のもので概ね1斤200~300元です。また雲南普洱茶では、今年の価格は大きく値上がってはおらず、基本的には昨年と同じぐらいで、大易武茶区のものが1斤400~1750元です。烏龍茶の販売店の頼伊婷さんは、福建の大紅袍は1斤300~800元の品質が街で味わうのには合っていて、価格は昨年より少し下がっています。しかし、高級茶の品質はこれに反して、減産のため、高級なものの価格は却って値上がりし1000元を超えています。

 

ちょっと根拠のデータが怪しい記事なのですが、寒波と雨の影響で、品質的にはあまり良いものが無く、高級茶ほど割高感があるということのようです。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP