中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶と旅
  2. 211 view

貴州省遵義市湄潭県の万畝茶海

貴州省遵義市の湄潭県に”万畝茶海”と呼ばれる広大な茶園があります。
中国のドライブ情報サイトが、その茶園を写真で紹介していました。

 

美しい花の海には行ったことがあるかもしれませんし、分厚い雲の海は見たことがあるかもしれませんし、果てしなく広い草原や林の海のことを聞いたことがあるかもしれません。しかし、中国のある地方に万畝もある茶の海があることをご存じですか?

茶といえば、みなさんがよく知っているものには西湖龍井、太平猴魁、それから雲南の普洱茶などがあります。しかし、貴州人がよく知っているのは、遵義市湄潭県の中にある”万畝茶海”です。

茶は湄潭の名刺であり、どこまでも続くような茶園を見ることができるだけでなく、この街にはランドマークとなる建築物もあり、それは”天下第一壺”と呼ばれる茶壺の建物です。

中国茶海風景区の前身は1939年に、民国政府によって建設された中央試験茶廠で、これは我が国で初めての国家級茶葉科学研究生産機関でした。

春と夏はここへ旅するのに最も良い季節で、一面の果てしない茶の海を歩き、淡い茶の香りを浴びながら、静かな素晴らしさを体験してみてはいかがでしょう。

貴州の遵義に来て、この茶海を歩いてみて下さい!

 

ドライブ情報サイトの記事なので、内容は薄いのですが、写真などを見ていると行きたくなりますね。
まだあまり日本人の方には知られていないようです。

茶と旅の最近記事

  1. 天福集団、福州に茉莉花茶史館を開設

  2. 中国初の茶荘園連盟が浙江省で発足

  3. 九江市濂渓区、茶旅融合シンポジウムを開催

  4. 潮州鳳凰単叢茶博物館が開館

  5. カシュガルの百年老茶館

関連記事

PAGE TOP