中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 52 view

上海黔茶センターが設立

貴州省のお茶は、これまで上海では購入がなかなか難しかったのですが、どうもその様相が変わるようです。

4月28日,上海黔茶中心揭牌仪式在上海市蒂芙特茶城举行,该中心成立着力于推广贵州茶品牌,宣传贵州茶文化,拓展贵州茶在上海乃至长三角的销售市场,为贵州茶叶、优质农产品走出大山、融入上海、走向世界提供重要销售平台。

4月28日、上海黔茶センターの開所式が上海市蒂芙特茶城で開催されました。このセンターの設立は貴州茶ブランドのプロモーション、貴州茶文化の宣伝、上海および長江デルタでの貴州茶の販売開拓を行い、貴州茶や優良な農産品を山から上海へ送り込み、世界に向けて発信する重要な販売拠点となります。

貴州省と上海は東西部の貧困扶助協力と相互交流協力の模範基地とするため、上海黔茶センターは、貴州省の茶葉、優質な農産品の宣伝、プロモーション、展示、販売を一体化した生産と販売が直接接する拠点です。センターの面積は3600平方メートルで、実体店舗、中央展示ホール、多機能会議センターの3つの大きなエリアに分かれ、オンラインとオフラインの体験センターとして、貴州茶業に重要な販路を提供します。

取材によると、このセンターは3月28日設立されてテスト営業を行い現在、センターには既に貴州省の有力な茶葉会社70社が参加し、省内の200あまりの茶馬ブランドをカバーしています。センターの設立後は、貴州茶が長江デルタ地域でのブランド知名度、称賛と市場シェアを高め続け、さらに参入した企業に安定してより良い成長を行うような雰囲気を保っていくことでしょう。

 

センターが設置された蒂芙特茶城は、中山北路と共和新路の交差点付近にある茶城です(最寄りは地下鉄1号線の中山北路駅)。
貴州のお茶を探したい場合は覗いてみると良いかもしれません。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP