中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 78 view

安渓のスマートな害虫防除技術

中国では消費者が農薬問題に過敏なこともあり、有機茶園や農薬を使わない害虫防除の研究が進んでいます。
そんな中、かなり現代的な方法に取り組んでいる企業があるようです。

 

4月26日,第二届数字中国建设峰会会前集中采访团一行来到位于福建泉州安溪的中国国际信息技术(福建)产业园。记者一行参观并采访了福建司雷植保技术有限公司,该公司是一家在农业种植领域创新型高科技企业,致力于为农业植保提供绿色防控的革命性解决方案。公司董事长万佳告诉中国日报记者,公司目前已为近3万亩茶田提供绿色、安全的全程智能植保方案和服务,让茶企生产出了真正健康有机茶。

4月26日、第2回デジタル中国建設サミットの取材団の一行は、福建省泉州市安渓県の中国国際情報技術(福建)産業園にやってきました。そこで福建司雷植保技術有限公司を取材しました。この会社は農業栽培領域でのイノベーション型のハイテク企業で、農業栽培におけるグリーン防除について革命的な解決プランの提供に力を入れています。会社の董事長の万佳氏は、会社では現在3万畝の茶園に環境に良く、安全な全工程においてスマート化されたプラントサービスを提供しており、茶葉会社に本当に健康的な有機茶を生産してもらっている、といいます。

万佳氏によると、軍需産業の技術と優秀な人材の英知を結集して、司雷植保社は、生物情報対抗技術から始まり、3年あまりの技術研究を行って、スマート防虫外防除システムと管理プラットフォームなどの製品の研究開発に成功し、様々な自主開発の知的財産権を革新技術とし、国家レベルの発明特許を20軒あまり神聖視、既に全国農業技術普及センターの重点的な普及プロジェクトに選ばれていて、市場への投入に成功し、顧客は7つの省に広がっているとのことです。

万佳氏は、会社は福建の農業、特に安渓の茶産業のグレードアップに結びつき、自らの核心技術と技術者チームに自信を持っており、安渓情報産業園内に建設した司雷農業ビッグデータベースにより、このシステムは管理システムと作業者が密接に連携し、様々な植物の保護作業における効率の低さなどを解決し、一貫性のある植物保護を実現します。高効率な遠隔コントロールを行うことも出来、かつ広範囲に精度の高い防除も行うことが出来るので、急速に規模を拡大できます。これは、現在の農村における植物保護のための労働力の深刻な不足という問題を解決するだけではありません。さらに管理者が実際の農作物の生長状態や環境のデータをタイムリーにみることを助け、正確に虫害の変化の状況を見ることで、植物保護作業のスマートな計画と管理を実現し、デジタル農業のメリットを体現するのです。

「現在、茶農家が我々の製品を使用することで、コストは少し高くなりますが、利用規模を拡大していけば、コストは大きく下がることでしょう」と万佳氏は言います。

 

未だに中国茶というと、農薬などを多量に撒いているという誤解があるのですが、最先端ではこのような研究が進められています。
オペレーションルームの写真などは、まるでSF映画のワンシーンのようです。

産地情報の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 蒙頂甘露の品種検討会

  3. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  4. 石阡苔茶の産地

  5. 「世界抹茶之都」を目指す、貴州省銅仁市

関連記事

PAGE TOP