中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 178 view

湖南省の江華苦茶、地理標志保護製品に

湖南省永州市江華ヤオ族自治県で生産されている、江華苦茶というお茶が地理標志保護製品となったそうです。

湖南“江华苦茶”成功申报地理标志证明商标

近日,江华苦茶成功申报地理标志证明商标,成为江华瑶族自治县首件地理标志证明商标,也是我市继东安鸡、江永“三香”后第5件地理标志证明商标。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201609/00005368.html

先日、江華苦茶が地理標志証明商標の申請に成功し、江華ヤオ族自治県では初めての地理標志証明商標となり、我が市においては、東安鶏、江永”三香”に続く、5つ目の地理標志証明商標となりました。

江華苦茶は別名を高脚茶といい、その味は最初は苦く後から甘くなり、香りが四方に漂います。その茶ポリフェノールの量が省内のお茶の中で最も多いことから、名前が知られています。渇きをいやし、暑気払いと、元気を回復させ、血圧を下げるなどの効能があります。江華苦茶は、地域特有の品質の特徴がある著名な製品であり、地理標志証明商標に登録されたことで、『商標法』の有効な保護を得ることができます。江華苦茶は、この県の初めての地理標志証明商標であり、地方ブランドの保護という点と、製品の競争力を高め、地方ブランドによる経済発展をする上で、大変重要な意義があります。

 

最初は茶外茶なのかと思ったのですが、半喬木型のいわゆるチャノキの品種の1つであり、カテキンの量が多いことで知られるそうです。紅茶の生産にも用いられているとか。

 

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 祁門紅茶の地理的表示について黄山市と池州市が合意

  2. 西湖龍井茶の平均価格、昨年よりも1kgあたり600元前後の上昇に

  3. 龍井茶のブランド使用許可企業一覧

  4. 第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

  5. 恩施玉露、ブランドの復興に向けた書籍を発刊

関連記事

PAGE TOP