中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 73 view

信陽毛尖、50gで2万元越え

この時期、法外な値段のお茶がメディアを賑わせています。
信陽毛尖も、かなり凄い値段のお茶が出てきたようです。

天价信阳毛尖新茶一两售价超两万
http://news.t0001.com/2012/0404/article_141132.html

お値段はなんと40gで16,800元。50g(1両)換算では2万元を超えます。
ただ、純粋にお茶の値段だけというわけではなく、缶の身は景泰藍で、蓋は玉、台座は白檀でできているそうです。

今年の信陽毛尖は、やはり天候の影響で15%~20%の値上げが想定されています。
その中でも、この商品は「最高級商品」との説明ですが、ここまで来るとさすがにやり過ぎ感が漂います。
一種のバブルですね:-(

産地情報の最近記事

  1. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  2. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  3. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  4. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  5. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

関連記事

PAGE TOP