中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 3 view

白芽奇蘭、農業部の地理標志農産品に

白芽奇蘭が農業部の地理標志産品になったようです。

白芽奇兰获农业部农产品地理标志

近年来,白芽奇兰茶快速崛起,继获得中国驰名商标称号、成为全省第一个成功在台湾注册的茶叶品牌之后,今年又喜获“农业部农产品地理标志”。开幕式上,农业部农产品地理标志评审委员会专家组组长鲁成银向平和县颁发“农业部农产品地理标志”牌匾,平和县县长黄劲武接受牌匾。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201510/00002869.html

ここ数年、白芽奇蘭茶は急速に存在感を高め始めていて、中国馳名商標を獲得し、福建省で初めて台湾での登録がなされた茶葉ブランドになった後、今年は”農業部農産品地理標志”も獲得しました。式典では農業部農産品地理標志認定委員会専門家チームのリーダー魯成銀氏が平和県に、”農業部農産品地理標志”の標識を手渡し、平和県の県長・黄勁武氏がこれを受け取りました。

取材によると、農産品地理標志とは、農産品が特定の地域から生産され、その製品の品質と特徴がその自然生態環境と歴史人文的な要素によって決まるもので、地域の名称を名前に関した特有の農産品の標章です。白芽奇蘭は、平和県では琯渓蜜柚に続いてこの名誉を受けた主力産業となりました。

 

これによって白芽奇蘭も標準できちんとお茶の定義がなされることになります。著名なお茶の定義が着々と積み上がって来つつあります。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP