中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 7 view

残留農薬と重金属の光分解技術プロジェクト

貴州省で残留農薬と重金属を分解するという凄い技術が開発されたようです。

光解溶降技术助贵州茶达到欧盟标准

8月27日上午,全球首台用于农作物残农降解及重金属沉析安全化项目在贵州湄潭开始验收。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201608/00005297.html

8月27日午前、世界初の農作物の残留農薬の分解及び重金属の蓄積の安全化プロジェクトが貴州省湄潭県で検査・確認を始めました。

今回のプロジェクトの検査・確認と成果鑑定会議は、北京大学東莞光電研究院生物光照研究センターとインキュベーション企業である、東莞生物光環境科学技術有限公司が研究開発、試験を行い、産業化の検査・確認から国家級の成果の検査・確認水準まで請け負うものです。

取材によると、光解溶降下技術プロジェクトは、無毒の生物酵素によって残留農薬を分解減少させる技術で、ヒドロキシルラジカルを加えて頑固な残留農薬を分解し、農産品の表面汚染の問題を解決するもので、また光によって析出した重金属という2つの遺留物の問題を処理するものです。この技術を応用することで、土壌や土質による農産品が生産の過程の中で引き入れてしまった農薬や重金属の汚染を完全に食用として安全なレベルに引き下げることが出来ます。

簡単に言えば、茶が豊作になったときに、この技術を適用すれば、茶に付着する農薬や重金属を除去して、EUのもっとも過酷な茶の輸出入認証基準にまで引き下げることが出来るのです。この技術の成功は、貴州省のお茶と中国の茶葉が世界の貿易市場に出て行くための道を地ならしするものです。

今回の検査・確認の成功は、貴州大学の学生が創業した新しいビジネスチャンスで、このプロジェクトを研究開発した北京大学東莞光電研究院東莞生物光環境科技有限公司は、”淘碗”と既に戦略的な提携を行っていて、今回のプロジェクトを含むその他のこの会社が有するハイテク技術プロジェクトを通じて、貴州省の創業と成長政策に有効に結びつけることで、”淘碗”は”千人イノベーション創業計画”を始動させることができ、大学生の創業チームに優れたプロジェクトと技術を与えることが出来ます。

 

具体的なことがあまり書かれていないのですが、どうも農薬と重金属を光と酵素などの力で分解するという技術開発をしているようです。これが本当だとしたら、中国茶の輸出にとっては、かなりの追い風になりそうなので、ちょっと注目してみたい技術です。

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP