中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶藝と茶空間
  2. 38 view

お茶淹れ達人になる方法

お茶を上手に淹れられるようになるためには、どうしたら良いか、という内容をまとめた記事がありましたので、ご紹介します。

泡茶高手是如何养成的?

喝一杯好茶固然心旷神怡,
但如果能喝一杯自己亲手泡的茶,
满足感会更强烈的。
可如何才能成为一名泡茶高手呢?

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201607/00005042.html

一杯の良いお茶を飲むと心が晴々とします。
もし、自分が自ら淹れたお茶を飲めれば、満足感はさらに強いものになるでしょう。
それではどのようにしたら、お茶淹れの達人になれるのでしょうか?

1.心地よく静かなお茶を飲める環境を選ぶ

良い環境は心身を安定させることができ、これはお茶を味わい、お茶を学び、お茶を淹れる上でまず前提となるものです。心静かなところはすなわち道場で、心が安まるところは家庭です。心が落ち着かず乾くのでは、美味しいお茶を淹れることはできません。

2.二、三名のお茶の分かる友人を招いて一緒に飲む

完全にお茶を理解していないのならば、あなたは常にお茶会へ参加したり、招いたりするべきで、これは学習の良い機会です。当然、ケチらずに、自分の集めているお茶を多く取りだして何煎も淹れ、みんなと一緒に分け合うことで、もっと楽しいものになるでしょう。

3.沢山飲んで、沢山学び、沢山覚え、沢山動く

自分がまだよく分かっていないと思うのであれば、友達と一緒にある程度の規模だったり、お茶の技量が認められているお茶の店に行き、価格のランクの低いものから高いものを比べて飲みましょう。品質は値段次第なので、それぞれのランクのお茶のにはそれなりの特徴があります。

4.謙虚に学んで教えを請い、お互いに交換しあう

一夜のうちに学ぼうとは思わず、お茶を淹れるには、まず謙虚さと根気強さが必要で、これは心からお茶が分かるようになりたい、茶文化を学びたい、と思うことです。このような学習心があれば、多くの人と接して学び、お茶淹れも自ずと早く身につくようになります。

5.自分の考えを慎重に処理する

一定量お茶を飲むと、自分の考えが形成され、淹れるお茶が美味しいかどうかは完全に個人の感覚によって決まります。もしある人が淹れたお茶があなたの淹れたものよりも美味しいと感じるのであれば、それは心からその人に学ぶべきであって、口はあなたを騙すことは出来ません。

6.できるだけ様々な観点を吸収し、自分の茶の知識を絶えず高める

茶の種類はあまりにも多いので、同一のお茶でも様々なものがあり、淹れ方もそれぞれ違っていて、時に応じて変わるものです。しかし、基礎知識は必ずしっかりと心に刻まなければならなくて、たとえば、岩茶の水仙、肉桂、プーアル茶の生茶、熟茶、新茶、老茶、烏龍の鉄観音、黄金桂などは、それぞれの違いを学ばなければなりません。

7.理論と実践を連携させ、絶えず行動をすることで自らを変えていく

茶はつまるところ、淹れて味わうことによって完成するものですから、自ら手を動かし、その中で様々なものを体得しなければ、感じとることは出来ません。例えば、お湯を注ぐ時に手が熱くなるという問題は、多くの先輩たちも、不注意で手が熱くなったという状況になり、ただ手を動かして、認識し、さらに鍛練を積んで、ようやく進歩するのです。

8.お茶淹れの鍵は自然と楽しみ

お茶淹れの高い境地は、生活の茶です。さらに、茶が高くても低くても、その鍵は楽しいかどうかです。もし、あなたが身近な身内、友人に一杯のお茶を淹れ、このときにお茶が美味しいかどうかは、もはや重要ではなくて、重要なのは、あなたがその時に喜びの至福の時を過ごせたかどうかです。

伝統的な喫茶習慣は私たちに俗世間の中で一粒の平静な心を保たせることができ、父母や友人に対して、茶を媒介として心から向き合うことができます。茶は気負わずに飲むのが良くて、普通の人が普通の心で普通のお茶を飲めば良いのです。

 

ある程度のキャリアになってくると、技巧に走ったり、自分の殻に閉じこもりがちになりますが、そのたびに謙虚さというものを取り戻していかないと、結局はレベルアップしないのだと思います。

 

茶藝と茶空間の最近記事

  1. 中等職業専門学校の専攻科目に茶藝と茶マーケティングが追加

  2. 広東でオーダー茶器が流行

  3. 貴州省の茶藝コンテスト

  4. 茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

  5. ”鉄瓶を使うと水質が柔らかくなる”は本当か?

関連記事

PAGE TOP