中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶藝と茶空間
  2. 66 view

潮州市、地方標準『潮州工夫茶藝技術規程』を公布

広東省潮州市が地方標準『潮州工夫茶藝技術規程』を公布したそうです。

 

10月30日、潮州市は地方標準『潮州工夫茶藝技術規程』を公布しました。

潮州工夫茶藝は2008年に第2回国家級無形遺産代表性リストに登録され、潮州市は2015年には『潮州工夫茶冲泡技術規程』を発表し、2019年12月には中国茶葉学会より団体標準T/CTSS 5-2019『潮州工夫茶藝技術規程』が公布されています。

潮州市地方標準DB4451/T 4-2023『潮州工夫茶藝技術規程』は潮州市市場監督管理局が公布し、主要な起草機関には潮州市茶産業促進会、潮州市茶藝協会、潮州市潮安区茶葉協会、潮州市天羽工夫茶文化交流センター、潮州工夫茶文化研究院などです。
国家級無形文化遺産プロジェクトである”潮州工夫茶藝”は、明清の時期から広東省潮州府および周辺地域で流行し始めた、特有の伝統飲茶習俗と淹れ方です。
鳳凰単叢茶を代表とする烏龍茶類をえらび、特定の器具、清潔な水を用いて独特の技法で淹れ、そこには”和、敬、精、楽”の精神的な意味合いが含まれています。

DB4451/T 4-2023『潮州工夫茶藝技術規程』は潮州市鳳凰単叢茶茶産業高品質発展2023年アクションプランにおける重点任務であり、潮州市市場監督管理局が積極的に市級地方標準と団体標準の制定活動に関わり、潮州市の地方標準システムの建設に大いに力を費やし、独自の特色のある”潮州標準”を形成することで、標準による規範化と牽引作用を十分に発揮します。
現在、すでに2つの国家標準(『烏龍茶 第6部分:単叢』など)、4つの地方標準(『地理標志産品 鳳凰単叢(樅)茶』『地理標志産品 潮州手拉朱泥壺』など)と18の団体標準(『鳳凰単叢(樅)茶 年份茶』『潮州工夫茶器 茶台五件套』『潮州工夫茶藝技術規程』など)の潮州工夫茶標準システムを構成しています。
この標準の制定を行うことで、”茶葉、茶器、茶藝”の全てのチェーンにおける鳳凰単叢茶の生産技術と品質要求を規範化し、潮州の特色ある工夫茶文化の伝承と発揚に繋げていきます。

 

内容としては、先行する中国茶葉学会の団体標準『潮州工夫茶藝技術規程』とほぼ同一のようです。
用いるべき茶器の大きさや容量などの規程のほか、茶藝表演の際の流れや重視すべきことなどが書かれています。

茶藝と茶空間の最近記事

  1. 潮州市、地方標準『潮州工夫茶藝技術規程』を公布

  2. お茶を淹れるときのお湯の注ぎ方は何種類ある?

  3. 小青柑の淹れ方3パターン

  4. お茶の1煎目は捨てるべきか?

  5. お茶を飲むときは鈍感に。味わうときは鋭敏に。

関連記事

PAGE TOP