中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 7 view

中国の茶の生産量は世界の4割

2015年国際茶業大会が開かれ、そこで中国茶の生産量の驚くべき伸びが示されました。

联合国粮农官员:中国茶产量占全球近四成

“过去20年中国的茶产量增长400%,中国的茶产销量已占全球38%,成为全球最重要的茶叶大国。”联合国粮农组织政府间茶叶小组代表常恺松,6日在此间举行的“2015年国际茶业大会”上表示。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201511/00003228.html

「過去20年で中国の茶の生産量は400%の伸びを示し、中国の茶の生産販売量は世界の38%を占め、世界で最も重要な茶の大国となっています」。国連食糧農業機関の茶に関する政府間グループの代表であるKaison Chang氏は、6日、”2015年国際茶業大会”の席上でこう表明しました。

Kaison Chang氏によると、国連食糧農業機関の統計データによると、2013年中国の茶は54億米ドル、インドは34億米ドル、ケニアは12億米ドル、スリランカは10億米ドルの貢献でした。最近20年で、中国の茶産量の増加は驚異的なもので、ここ10年の間には価格も上昇の勢いが急で、世界で最も重要な茶の生産販売大国となりました。

Kaison Chang氏は、各国の茶の生産量と販売量は増え続けていますが、しかし完全な製品の統一基準はまだできていません。彼は各産茶国が共同で有機茶の生産基準体系と評価体系を発表し、各国の茶農家情報などを共同建設することを呼びかけました。

 国際茶業委員会主席のNorman Kelly氏は、中国には六大ブランドのお茶を持っていて、世界で最も重要な茶の生産大国です。中国を源とする万里茶道は、沿線各国に共栄に積極的な効果をもたらしました。茶の生産販売の国際システムをつくる上では、中国が重要な働きをしなければならないでしょう、と考えています。

 

20年で400%という猛烈な成長をしていますし、ここ10年では価格の上昇も顕著ということで、20年ぐらい前の中国茶の情報などはかなり陳腐化していると言えます。
積極的に現地の情報を取り入れ、現在の実勢に合わせた中国茶を捉え直す作業をしていかないと、この進化には追いついていけません。

 

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP