中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 81 view

諸城緑茶、国家地理標志保護製品に

山東省濰坊市の管轄下にある諸城市の緑茶が国家地理標志保護製品になったようです。

“诸城绿茶”农产品地理标志通过国家评审

近日,在北京召开的2015年第四次农产品地理标志登记专家评审会上,“诸城绿茶”农产品顺利通过了评审委员会专家的考核评审。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201511/00003175.html

先日、北京で開かれた2015年第4回農産品地理標志登録専門家審査会で、”諸城緑茶”が認定委員会の専門会の審査を無事に通過しました。

農産品地理標志登録制度の確立は、優良で特色ある農産品を地理標志の保護を行い、合理的な利用と農業資源、農耕文化という現実的な要求を保護し、地方の主力産業の形成に有効であり、地方の特色ある農産品ブランドの知的財産権の保護にも役立ちます。”諸城緑茶”の地理標志登録保護標志への申請成功は、諸城市の特色ある農産品のブランド価値を高め、農業の産業構造を調整し、農民の収入拡大などにとっても重要な現実的意義を持ちます。

 

山東省の緑茶というと、雪青、嶗山茶、日照茶などが知られていましたが、諸城緑茶もその中の1つに加えるべきかもしれませんね。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 祁門紅茶の地理的表示について黄山市と池州市が合意

  2. 西湖龍井茶の平均価格、昨年よりも1kgあたり600元前後の上昇に

  3. 龍井茶のブランド使用許可企業一覧

  4. 第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

  5. 恩施玉露、ブランドの復興に向けた書籍を発刊

関連記事

PAGE TOP