中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 139 view

西湖龍井の産地、高温による被害が

杭州の西湖龍井の産地では高温のため、一部の茶樹に障害が出始めているようです。

杭州双峰村大面积浇溉茶园应对高温

8月3日早晨,杭州西湖区双峰村龙井茶基地一级保护区,茶农用自动喷灌系统大面积浇溉茶园。连日来,杭城持续高温,双峰村茶园已经出现整片茶树被高温烤焦,面目全非的现象。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201508/00002141.html

8月3日の朝、杭州市西湖区双峰村の龍井茶一級保護区では、茶農家が自動散水システムを使って、茶園の広い面積に水を与えていました。ここ連日、杭州は高温が続いており、双峰村の茶園では既に全ての茶樹が高温で焦げてしまい、めちゃくちゃになっている現象が見られています。

 

高温で茶葉が焦げてしまったような状態になっているようです。
翌年の春茶の収穫に響かなければ良いのですが・・・

 

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP