中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 32 view

武夷山市、地理標志保護商標の使用社が400社弱に

中国では地理標志保護製品という制度があり、この制度の下では、認可を受けた会社以外が勝手に商標を名乗ることはできなくなります。
「武夷岩茶」や「武夷紅茶」もこの地理標志保護商標に選定されているのですが、その使用社数が徐々に増えているようです。

福建武夷山近400家茶企获准使用地标保护专用标志

4月30日,记者从武夷山市市场监督管理局获悉,这个市的29家武夷岩茶、8家武夷红茶生产企业日前获得国家质检总局批准,可使用“武夷岩茶”、“武夷红茶”等地理标志保护产品专用标志。截至目前,武夷山获准使用“武夷岩茶”、“武夷红茶”地理标志保护产品专用标志的企业分别有356家、25家。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201505/00001137.html

4月30日、武夷山市市場監督管理局への取材によると、武夷山市にある29社の武夷岩茶、8社の武夷紅茶生産企業が先日、国家品質検査総局の認定を受け、”武夷岩茶”、”武夷紅茶”などの地理標志保護製品専用商標を使用することができるようになりました。
これまでに、武夷山市では”武夷岩茶”、”武夷紅茶”の地理標志保護製品専用標章を使うことのできる企業はそれぞれ356社、25社あります。

 

商品名を誰にでも使わせてしまうと粗悪な商品が並び、ブランドイメージを毀損するということから、このような仕組みに順次切り替わってきています。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. ”平江煙茶”、地理的表示製品に

  2. 西湖龍井茶品質鑑定センターが開業

  3. 沿河トゥチャ族自治県、”沿河千年古”の商標を登録

  4. 国際的なお茶ブランドを目指す”華祥荘園”

  5. 景谷大白茶、地理的表示製品の現地調査を実施

関連記事

PAGE TOP