中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 2 view

西湖龍井のオークション、中止に

昨年、法外な値段がついて話題になった西湖龍井のオークション。
しかし、今年は政府消費の引き締めに始まった高級茶市場の総崩れにあい、オークションは中止になったそうです。

 

“天价龙井”从此将成为神话

动辄上万元一斤的西湖龙井“明前茶”让普通茶客望而却步,却是近年来风雅礼品的首选。

然而据了解,由于三公经费的紧缩,今年高端礼品茶的定制市场不仅遇冷,西湖龙井的价格还出现了市场预估与实际销售截然相反的现象。西湖龙井茶或将是继茅台、五粮液后,又一个回归理性的消费产品。

值得关注的是,在政府不主张炒作茶叶价格,希望回归理性消费的大背景下,往年备受关注的茶王拍卖会今年宣布取消了。18万一斤的“天价龙井”,从此将成为神话。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0325/article_154653.html
記事によると、1斤1万元を超えるような西湖龍井の明前茶は、一般の顧客を尻込みさせていましたが、ここ数年は風流な贈り物のトップクラスにありました。

しかしながら、三公消費の緊縮によって、今年の高級茶市場はすっかり冷え込んでおり、西湖龍井の価格は、(業者側の)予想価格と(消費者側の)実際価格が合わない現象が起きています。
西湖龍井は、茅台酒、五糧液酒に続いて、理性的に消費する商品に戻ったと言えます。

注目に値するのは、政府は茶葉の価格を吊り上げたと主張しておらず、理性的な消費に戻ることを期待しているという背景もあって、例年注目を集めていた茶王オークションは今年キャンセルになったとそうです。
1斤18万元の法外な価格の龍井は、まさに神話となったのです。

 

そもそも、おかしなオークションではありましたが、今のような引き締めの状況にそぐわないということで、今年は中止になったようです。
業界全体が、バブルからの軟着陸を模索しているように感じます。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP