中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 70 view

安渓県祥華で霜害。収穫前の農家に打撃

安渓県祥華の広い範囲で霜害があり、茶農家に影響が出ているようです。

大热天遭遇罕见霜冻 安溪祥华16650亩茶园受损

4月14日,泉州最高气温23℃,最低气温12℃。但令人奇怪的是,14日凌晨,安溪祥华乡东坑村等多个村庄遭遇罕见霜冻,再过十几天就可以采摘的茶叶被冻死,茶农损失惨重。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201504/00000849.html

4月14日、泉州市の最高気温は23℃、最低気温は12℃でした。しかし、不思議なことに14日の早朝、安渓県祥華郷の東坑村などの多くの村では、滅多に見られない霜に遭い、あと十数日で摘めるはずの茶葉が凍死してしまい、茶農家の損失は甚大です。

15日午後、祥華郷党政府の范麗華氏への取材によると、今回の滅多に無い霜は祥華郷管轄の20村のうち18村で、それぞれが程度の異なる損害が出ていて、影響があまり無かったのは僅かに2つの村だけだったそうです。14日、村民からの知らせを受けて、祥華郷はすぐに郷や村の幹部を各村へ向かわせ、被害面積の調査に乗り出しました。15日午後5時の時点で、各村に届け出のあった概算の被害面積は約16,650畝に及ぶとのことです。

范麗華氏は、15日、彼らは既に状況を安渓県農業・茶果局に報告しており、技術者の農村への指導を求めているとのことです。同時に彼らは既に保険会社に調査を依頼しており、積極的に補償の取得を支援して、茶農家の損失を減らしたい、としています。
4月末から5月上旬が安渓鉄観音の茶摘み時期ですので、まさに育ち始めたところを襲った霜だったようです。安渓鉄観音の今年の作況に影響を及ぼす可能性がありそうですね。

 

産地情報の最近記事

  1. 安渓鉄観音、今年の春茶シーズン総括

  2. 貧困を抜け出した平陽黄湯の村

  3. 黄金桂、今年は産量減も品質向上・価格も上昇

  4. チベット自治区墨脱県、春茶収穫の様子

  5. 福建省福安市の茶葉研究所のオープンイベント

関連記事

PAGE TOP