中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 96 view

武夷山市、春茶シーズンへ

福建省武夷山市では、伝統の”山に向かって叫ぶ”式典が行われ、春茶シーズンに入りました。

福建武夷山茶农“喊山”采春茶

4月13日、福建省武夷山市天心村の茶農家・呉煊海さん(写真中央)、”山に叫ぶ”式典にて。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201504/00000802.html

この日、福建省武夷山市の茶農家は伝統的な習慣に則り、茶園で”山に叫ぶ”儀式を行い、集まった茶農家が声を合わせて大声で、”お茶の芽が出ます!お茶の芽が出ます!”と叫びました。これにより、1年に1度の春茶の生産が正式に始まりました。

武夷山市は福建省の茶の主要産地で、現在市内の茶園の面積は14.8万畝で、年産7800トン、産出額は15.8億元であり、茶の生産は地元の農民が豊かになるための支柱の産業となっています。

 

このような儀式があるとは初めて知りました。

産地情報の最近記事

  1. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  2. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  3. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  4. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

  5. 雲南白茶の特徴とメリット。福建白茶と比較すると・・・

関連記事

PAGE TOP