中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶と旅
  2. 28 view

武夷山市星村鎮に茶のテーマパークを建設

武夷山市が公式サイトにて、星村鎮に展示センターなどを擁した茶のテーマパークを建設したことを発表しました。

武夷山星村镇建设茶主题公园

本网讯 (记者 罗志强)星村是武夷山茶叶的主产区,也拥有厚重的茶文化,茶文化展示中心和茶主题公园紧紧围绕着茶文化而建。茶文化展示中心位于镇区中心,占地289.9平方米,建筑面积735平方米,总投资150万元。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0504/article_169805.html

星村鎮は武夷山のお茶の主要な産地で、茶文化の厚みのある街です。茶文化展示センターと茶のテーマパークは茶文化をしっかりと囲い込むために作られます。
茶文化展示センターは、星村鎮の中心に位置し、敷地面積は289.9平方メートルで、建築面積は735平方メートル、総投資は150万元になります。

茶文化センターの中には、武夷岩茶の文化展示ホール、紅茶の文化展示ホール、竹の彫刻の製造技術展示ホール、情報センターと教室などが設けられます。
茶のテーマパークの敷地面積は13畝で、園内にはサクラ、サルスベリ、クスノキなどの貴重な樹木と、大紅袍、白鶏冠、鉄羅漢、水金亀などの14種類の武夷岩茶の珍しい品種が植えられ、厚みのある茶文化を展示します。

 

開館の時期はよく分からないのですが、既に基本工事は終わっているようです。
街おこしの一環的なハコモノであると思われます。

 

茶と旅の最近記事

  1. カシュガルの百年老茶館

  2. 貴州省茶文化博物館、2021年5月に開館予定

  3. 130年前の九曲紅梅と茶旅の進展

  4. 貴州省遵義市湄潭県の万畝茶海

  5. 茶と旅の融合で茶産地が観光地に

関連記事

PAGE TOP