中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 7 view

安吉白茶、初の全自動生産ラインを投入

安吉白茶で初めての全自動製茶ラインが今年から投入されたそうです。

安吉白茶首条全自动茶叶生产线投用

今年安吉白茶开采期间,宋茗公司引进的全县首条全自动茶叶生产线正式投入使用。

据介绍,为实现茶叶连续化、自动化生产,宋茗白茶有限公司从去年开始就计划投入1500万元购进目前国内最先进的制茶设备,开通3到4条全自动茶叶生产线。该生产线全部投入使用后,每条生产线每天可生产干茶5吨左右,产能较传统机械生产提高10倍以上。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0428/article_169641.html

今年の安吉白茶の茶摘みから、宋茗公司は県内初の全自動茶葉生産ラインを正式に使用し始めました。

取材によると、茶葉の連続、自動生産を行うために、宋茗白茶有限公司は昨年から1500万元を投じて国内最先端の製茶設備の導入を計画し、3~4本の全自動茶葉生産ラインを設置する予定です。
これらの生産ラインが全て使用されるようになると、1本の生産ラインで1日に5トン前後のお茶を製茶できるようになり、生産能力は伝統的な機械生産の10倍以上に高まります。

「現在、私たちのこの生産ラインにある設備は全国でも最先端のものです。連続化、自動化、コントロール生産ができるので、原料となる生葉を入れてから製品になるまでの間、人による操作はほとんど必要ありません。ただ、コンピュータでの操作を行うだけで良いのです」と宋茗白茶公司の責任者は言います。自動温度コントロールもできるため、製品の品質を安定させることができるそうです。
 

昨今のように、お茶の価格下落・一般消費者向けの製品に主軸が移る、ということになると、このような製茶工程を徹底的に効率化した自動生産ラインによる生産が主流になるのかもしれません。
今後、中国の茶業はこうした投資ができる大きな茶葉会社か個性的な会社しか生き残れなくなっていく可能性があります。

 

産地情報の最近記事

  1. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  2. 英徳茶の過去・現在・未来

  3. 困鹿山の古茶園保護に向けた現地調査

  4. 無量山の茶を守る人

  5. 紫陽茯茶の生産現場をメディアに公開

関連記事

PAGE TOP