中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 1 view

浙江省麗水市の今年の茶摘み日予測

浙江省の早摘み産地として知られる麗水市。春茶の茶摘み予測が出ていました。

 

今年丽水市45万亩春茶开采预报

2014年我市春茶预计投产面积45万亩,受春节期间连续20℃以上高温天气影响,丽水局部小气候地形茶园在2月6日已有零星开采,但随即受2月8日开始的强冷空气(雨雪)影响,我市早春茶采摘期整体回归常年平均水平。据2月8—12日对辖区九县(市、区)主产区实地抽样调查,结合丽水市气象局提供的气候变化情况,预计2014全市九县(市、区)45万亩茶园开采期回归常年水平开采,各品种采摘洪峰期受雨雪冻害影响比往年略有推迟。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0220/article_167043.html

 

2014年、我が市の春茶の生産面積は45万畝と推測され、春節の時期に20℃以上の高温の天気が続いた影響を受け、麗水市の一部の特殊な気候と地形の茶園では、2月6日に既にごくわずかな量の茶摘みを行いました。しかし、2月8日からの強い寒気(雨や雪)の影響を受けて、和菓子の早春の茶摘みは全体として例年の平均水準に戻りました。2月8日~12日に麗水市内の9つの県(市、区)の茶産地において、実地サンプリング調査を行った結果と麗水市気象局が提供する気候変化の状況を結びつけると、2014年麗水市の9県(市、区)の45万畝の茶園の茶摘み開始時期は例年と同じ頃とみられ、各品種の茶摘みのピークは、雨や雪の影響を受け、例年よりも少し遅れる見込みです。

第1弾のお茶は烏牛早、麗早香などの早生品種で、2月20日前後から、続々と茶摘みが始まります(最も早い蓮都区では2月6日にわずかながら茶摘みが始まりました。最も遅い縉雲県は2月25日)。茶摘みのピークは3月上旬から中旬になる見込みです。

第2弾のお茶は龍井43号、迎霜品種で、3月2日前後に続々と茶摘みが始まります(最も早い蓮都区は2月28日で最も遅い縉雲県、景寧シェ族自治県は3月7日)。茶摘みのピークは3月中旬~下旬になる見込みです。

第3弾の品種は、安吉白茶、銀猴、在来種などで、3月14日前後に茶摘みが始まります(最も早い松陽県、蓮都区は3月10日で、最も遅い、景寧シェ族自治県は3月17日)。茶摘みのピークは4月下旬です。
 

ざっと見たところ、春分の前には、麗水市産の走りの新茶は一通り出揃いそうです。清明節ごろには大量の龍井茶が店頭に並ぶのではないでしょうか。

 

産地情報の最近記事

  1. ネット販売が好調の大田美人茶

  2. 安渓のスマートな害虫防除技術

  3. 湖北省宜昌市で無人の生産ラインが始動

  4. 貧困県にUターンした4人兄妹が作る黄茶

  5. 嶗山茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP