中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 茶藝と茶空間
  2. 4 view

空港のラウンジで茶芸のサービス

国慶節の長期休暇中、中国の航空会社でユニークな取り組みが行われたようです。

 

中联航河北地服国庆期间展茶艺

神州欢腾度国庆,举国欢快锦旗扬。中联航河北分公司地面服务部在“十一”当天精心策划了“缘聚联航,欢度国庆”活动,用自己独特的方式为祖国母亲送上了生日的祝福。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/1007/article_162263.html

国中が喜びに沸く国慶節に、皆で国旗を掲げます。中国連合航空河北支社の地上サービス部は、国慶節の休暇期間中、心を込めて準備した”縁の集う連航、国慶節を祝う”キャンペーンを開始し、独自の方法で、祖国の母のために誕生日の祝福を贈りました。

国慶節当日の早朝、ターミナルビル中では地上サービス部の職員は顔に国旗のペイントを施し、皆で一緒に笑顔で石家庄ターミナルビルの最も美しい風景の1つとなりました。「国慶節おめでとう!」の祝福の言葉とともに、地上サービス部は1人1人の乗客に小さな国旗を渡しました。この美しい赤が点々とつながり、祝日の気分が満ちる中で空港ロビーを離れていき、旅行客たちは自然と祝日を祝う気持ちが広がっていったようでした。

ラウンジの中では、地上サービス部は客室チームと協力し、”三字禅”茶社の茶芸師を招き、旅客のために心のこもった茶芸を披露しました。茶芸師の先生による長い口のヤカンを使った茶芸の絶技は旅客の喝采を浴び、高い山から水が流れるような古筝の調べに乗って、茶芸師はお客様のためにフルセットの工夫茶の淹れ方を見せ、顧客に味わってもらっていました。赤い唐時代の服装をしたラウンジの女性職員たちは、旅客に中国の茶文化を紹介し、茶道の問題に正解した旅客にはプレゼントを配っていました。

クイズで盛り上がっているときに、スタッフたちは茶芸師の淹れたお茶を旅客に配り、赤い服装とエンジの服装の人々が行き交い、会場の盛り上がりは最高潮に達しました。

今回の活動は中国連合航空河北支社の地上サービス部が中秋節後の新しいテーマとして取り組んだもので、独自の内容の祝日を祝うイベントでした。これにより、旅客は中国連合航空の誠心誠意のサービスを十分に感じ、伝統文化を同時に重んじる”高級典雅”な企業イメージを高めました。

ラウンジで美味しいお茶が飲めたら、嬉しいな、と思ってしまったのは私だけでしょうかね。

茶藝と茶空間の最近記事

  1. 中等職業専門学校の専攻科目に茶藝と茶マーケティングが追加

  2. 広東でオーダー茶器が流行

  3. 貴州省の茶藝コンテスト

  4. 茶はなぜ雅やかになりすぎるのか

  5. ”鉄瓶を使うと水質が柔らかくなる”は本当か?

関連記事

PAGE TOP