中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 3 view

福州でジャスミン茶の香り付けが始まる

福州では、ジャスミン茶の香り付けが始まったようです。
成本提高福州茉莉花茶开始窨制

时下正是福州天气进入最热的阶段,福州的茉莉花也进入了花季。与此相应,福州茉莉花茶生产企业开始了忙碌的生产工作。据了解,今年花料价格涨幅不大,但绿茶原料上涨较大,加之人工成本上升,今年福州茉莉花茶的生产成本总体上扬15%左右。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0710/article_159180.html
福州の天気は最も暑い時期に入り、福州の茉莉花も花の時期に入りました。これに対応して、福州のジャスミン茶生産企業もあわただしく生産作業を始めました。調べによると、今年の花の値段はそれほど上がっていませんが、緑茶原料の値上がり幅が大きく、加えて人件費コストの上昇もあり、今年の福州ジャスミン茶の生産コストは全体的に15%前後上昇しています。

<原料価格の値上がり>

現在、福州のジャスミン茶生産企業の多くは、香り付けの生産を始めています。「今のところ、花の価格は基本的には落ち着いています」とある会社の責任者は話します。現在のジャスミンの花の原料は1斤18~19元で、これは昨年とほぼ同じ水準です。「しかし、緑茶の価格が総合的な値上げ幅を大きくしています」。

調べによると、今年の春茶が販売された際、春の嵐の影響を受け、浙江省一帯の緑茶の産量が明らかに少なくなり、福建省内の一部の緑茶は争奪戦となりました。また一部のお茶は、白茶や紅茶を作るのに取られてしまい、「上質な緑茶原料が相対的に少なくなった」と責任者は話します。原料や人件費などの影響を総合した結果、福州のジャスミン茶の生産コストは15%前後あがっています。

<計画産量は30%以上増加>

ジャスミン茶の生産コストは上がっていますが、多くの福州のジャスミン茶生産企業は生産量を増やすとしています。

「ジャスミン茶の生産量を増やすことは間違いありません」とある会社の工場長は明言します。福州ジャスミン茶の志強は年々良くなっており、生産コストが上がっても、産量を増加させるのです。

「私たちは30%~50%の産量を増やします」と責任者は漏らします。市場における消費者の福州ジャスミン茶に対しての受け入れ度型構っているので、福州のジャスミン茶生産企業は最近数年間は年々生産量を増やしています。「増加させるのは大体、1斤300~1000元の中級のお茶が主になるでしょう。」

<最も暑いときに最も香りのする花が開きます>

「今からとても忙しくなります」とある茶葉会社の責任者は話します。今は春のうちに準備して降りた緑茶の原料に焙煎を施し、それを少し待った上で、花と緑茶を混ぜ合わせます。これを「窨花」と言います。消費者は早ければ7月末には新鮮なできたての福州ジャスミン茶を味わうことができるでしょう。

福州ジャスミン茶の花の選び方は非常に研究が進んでいます。7月後半に入ると、ジャスミンの花は開き始め、この時期、花の産量が一番大きくなります。しかし、香りが最大になるのはこのときでは無く、最も良いのは8月の花だそうです。「原料茶は明前が宝だが、ジャスミンは三伏が良い」のです。最も暑い天気が、ジャスミンの花を最も香るようにしてくれるのです。「上等なジャスミンの花を原料に選ぶことで、何度も繰り返し”窨花”できるか環境ができ、生産できるのです」

 

あまりジャスミン茶の生産に関する情報は出てきませんが、8月の暑い盛りのジャスミンが最も香りが濃厚で良いようですね。

産地情報の最近記事

  1. ネット販売が好調の大田美人茶

  2. 安渓のスマートな害虫防除技術

  3. 湖北省宜昌市で無人の生産ラインが始動

  4. 貧困県にUターンした4人兄妹が作る黄茶

  5. 嶗山茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP