中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 5 view

中国の品種茶園面積は全体の56.5%に

中国の無性系良種茶園(いわゆる品種茶園)の面積、有機茶園のデータが出ています。

全国无性系良种茶园面积比例达56.5% 有机茶园6.2%

近日,农业部种植业管理司对2015年茶叶生产进行了调度分析显示,全国茶叶生产保持稳定发展,茶园产品结构优化,无性系良种茶园面积比例同比提高1.2个百分点,达56.5%,有机茶园面积比例提高0.3个百分点,达6.2%。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201602/00003892.html

先日、農業部栽培業管理司が2015年の茶葉生産について行った調査分析によると、全国の茶の生産は安定的に成長しており、茶園と製品の構造が良くなっていて、無性系良種茶園の面積比は前年よりも1.2ポイント向上して、56.5%に達し、有機茶園の面積比も0.3ポイント向上し、6.2%となりました。

2015年は全国の茶園面積の増加幅は減りましたが、産量は引き続き増加し、産出額はより早く伸びていて、品質を向上させ経済効益を高める効果は明らかです。18の茶産省の茶園面積は4316万畝で、前年よりも175万畝増加して、その増分は4.2%で前年よりも1ポイント下落しました。湖北、貴州、陝西、四川の4省の茶園面積は20万畝以上増加しました。荒茶の生産量は227.8万トンで、前年よりも18.6万トン、8.9%の増加となりました。荒茶の産出額は1519.2億元で、前年よりも170.1億元、12.6%の増加となりました。
数年前に品種茶園の比率が50%を越しましたが、この傾向は引き続き進んで行くようです。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP