中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 3 view

ティーバッグのお茶は2煎まで

中国茶は煎が効くものが多いので、何煎入れてしまって良いのか分からなくなるときがあります。
栄養学的な観点から、お茶は何煎まで淹れたら良いかを紹介している記事がありました。

 

专家建议袋装茶最多只冲泡2次

茶叶冲泡几次才最有营养,最健康?很多人也并不清楚。

生活中有些人喜欢将茶叶反复冲泡,直到喝不出味道为止。有些人则冲泡一两次就赶紧换茶叶。这两种做法哪种正确,一杯茶究竟冲泡几次比较好?中国农科院茶叶专家说,有些人喜欢喝淡茶,有些人喜欢喝浓茶,虽然茶叶冲泡的次数和不同人的口味有很大关系,但从营养吸收上来说,袋装茶最多只冲泡2次,散装茶则别超过3次。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0207/article_166432.html

お茶は何煎入れるのが最も栄養があり、健康的なのでしょうか?多くの人々は決して良くは知りません。

暮らしの中では、茶を何度も淹れて、味が無くなるまで飲む人がいます。またある人は、1煎か2煎ですぐにお茶を替えてしまいます。この2つのやり方はどちらが正しく、一杯のお茶は何煎淹れるが良いのでしょうか?中国農業科学院の茶葉の専門家は、ある人は薄いお茶を好み、またある人は濃いお茶を好みます。茶を淹れられる回数は人の味の好みによって大きく違いますが、ただ、栄養の吸収の観点からいえば、ティーバッグの多くは2煎、リーフティーでも3煎を超えないことだと言います。

専門家の解説では、茶の中にはがんを抑える作用のあるカテキン、血糖値を降下させる茶多糖類、中枢神経を興奮させるカフェインの他、さまざまなアミノ酸、ビタミンなどの栄養物質が含まれています。これらの栄養物質がどれだけ析出できるかは、淹れた回数に大きな関係があります。一般的に言えば、外観の粒が大きければ大きい茶葉ほど、栄養物質の析出速度は遅くなり、粒が小さくなれば析出速度は非常に速くなります。

リーフティーと比べると、ティーバッグの茶葉は製造時に切揉を行っているので、葉の細胞が十分に破壊されており、粒の大きさも小さく、茶の中の栄養物質は1煎目を淹れる3~5分間のうちに、80~90%が析出してしまいます。2煎目以後は、残った10%前後の栄養物質もほとんど析出してしまいます。このため、専門家はティーバッグのお茶は多くても2煎までを提案します。これは、栄養の吸収上に損失があるだけでは無く、口当たりや味に影響を及ぼすからです。
リーフティーは茶の粒が比較的大きく、1煎目は時間を長めにしたとしても、5分前後のうちに、その栄養物質の60~80%が析出されます。2煎目を淹れると、80~90%の栄養物質が析出され、3煎淹れた後には、栄養物質の浸出率は95%を超え、それ以上淹れたとしても、既に栄養的な作用については何もありません。

さらに他の専門家が指摘するのは、茶を何度も淹れていると、その中の農薬や重金属などの有害物質が浸出するかもしれないことです。専門家によると、これには一定の道理はありますが、あまり心配をしすぎる必要はありません、といいます。現在、我が国の茶の生産で使用している農薬の大部分は、水に溶ける比率が低く極端に低く、1人当たり毎日10gのお茶を飲むとして計算すると、1000gの中に1mgの残留がある茶葉を使ったとすれば、摂取する農薬はわずか0.0001mgに過ぎず、これはWHOが規定する1日当たりの許容摂取量の数千分の1です。茶の中の重金属である鉛の浸出率は低めであり、正規のメーカーの茶葉を買っている限りは、その含有量は国家標準を超えることはありません。

 

<毎日12gのお茶を飲むのが良いでしょう>

専門家は、一般の人であれば1日に12g前後のお茶を、3回~4回淹れるのが最も良いと提案します。脂っこいものを食べることが多かったり、たばこやお酒の量が多い人は、もう少し茶葉の量を増やすべきです。妊婦や児童、精神疾患のある方、心拍数の高い方はお茶を飲む量を少し減らすべきです。専門家は、工夫茶の流行により、人々が”より熱い状態で”お茶を飲むことを行っていますが、これは非常に良くないことである、と注意を呼びかけています。人々がお茶を飲むのはそもそも健康の為ですが、熱いお茶を飲むことは食道がんなどのがんの発病率を高めてしまい、得になりません。お茶を飲むのに最適な温度は60度ぐらいで、70度を超えないようにしましょう。

このほか、1日のうちで時間に合わせ、違うお茶を飲むことも良いでしょう。朝は薄めの緑茶を一杯飲みます。目と脳を覚まし、心を清々しくさせます。午前中にはジャスミン茶を飲みます。香りが芳しくて、仕事の効率がアップするでしょう。午後には紅茶を飲みます。困難を解決し、元気を出します。夜には友達や家族と団らんし、茶壺で烏龍茶や普洱茶を淹れます。趣があることもありますが、一番は睡眠に影響しにくいことです。

 

お茶はどうやら1日12gぐらい摂取するのが、一番良いのだそうです。
時間と場所とシチュエーションに合わせて、色々なお茶を選択できるのは、中国茶の魅力の一つ。色々なお茶を上手に選んで、美味しくお茶の栄養を取り込みたいですね。

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP