中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 55 view

杭州地区の新茶一番乗りは千島玉葉(ただし温室栽培)

四川で茶摘みが始まりましたが、さまざまな名茶のある浙江省はまだ先。
・・・と思っていたら、千島玉葉の茶摘みを行ったとの報道がありました。

 

淳安千岛玉叶成杭州茶叶“第一摘”

立春时节,气温较低,许多野外生长的早茶正处在萌芽阶段,而在淳安县茶叶良种场科技茶园大棚里,却是一番春意盎然的景象。嫩绿的茶芽竞相纳新,采茶工人们挎着包、提着篮,正上演着“立春采茶曲”。

2月5日,30多名采茶工早早地来到科技茶园,采摘刚刚吐翠的“千岛玉叶”芽茶。上午九点半,记者来到茶园,这里早已是“茶香四溢”。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0207/article_157387.html

 

記事によると、2月5日に千島玉葉の茶摘みを行ったとあります。
が、これは淳安県の科学技術茶園なる施設にあるハウス栽培のお茶です。
4年ほど前から、生産を始めており、2010年は5畝ほどだったものが、2012年には15畝に。
徐々にノウハウが積み上げられてきていると言います。

ちなみに植えられているのは烏牛早、鳩坑早といった早生品種です。
出来上がった親の味も香りも悪くないとのこと。
春茶は早ければ早いほど価値が上がるので、こうした栽培方法が採算ベースに乗るかを研究しているというところでしょうか。

なお、気になる通常(露地栽培)のお茶の茶摘みは3月になってからだそうです。

 

産地情報の最近記事

  1. 重慶市万州区、春茶の茶摘みが始まる

  2. 湖南省茶陵県、茶業が急成長中

  3. 白鶯山の茶と仏教の繋がり

  4. ”水城春”、2021年の早春茶発売記者発表会と茶摘み式を開催

  5. 4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

関連記事

PAGE TOP