中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 83 view

開化龍頂、茶摘みに遅れ

寒波の影響で産地から生育の遅れという情報が続いていますが、開化龍頂も遅れるようです。

受低温影响开化龙顶采摘推迟
http://news.t0001.com/2011/0224/article_120568.html

記事によると、開化県の名茶産業事務所の話では、天候の影響を受けて、茶摘みの開始時期は3月10日頃になりそうだとのことです。
茶園に出かけてみても、まだ新芽がほとんど出ていない状況のようです。
開化県は比較的温暖で、1日の平均気温19℃以上の日が20日ぐらい続くと茶摘みが出来るようになるのだそうですが、ここのところ寒さが続いて、茶葉の成長速度が緩慢になっていることと、高山地区の茶樹の老葉に凍害が出ており、光合成作用も遅れがちというのも影響しているようです。

ただ、お茶の品質にはよい影響が出そうだとか。この寒さのおかげで、アミノ酸やタンパク質などが増え、カテキン類が少し減りそうなので、春茶の味は爽やかで旨味があり、香りも強くなりそうだとのこと。

じっくり待ちたいですね:-)

産地情報の最近記事

  1. 雲南白茶の特徴とメリット。福建白茶と比較すると・・・

  2. 雲南省双江県、1斤2~3元だった藤条茶の価格が十数年で80元あまりに

  3. 西湖龍井茶の熱波被害、全体の10%程度か

  4. 高温続きで西湖龍井茶の茶樹が焼け焦げる

  5. チベット自治区、初の茶の新品種「蔵茶1号」を登録

関連記事

PAGE TOP