中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 80 view

安徽省の新茶は半月遅れ

銘茶の産地・安徽省も低温&雨の影響を受けているようです。
どのような状況なのでしょうか。

安徽产新茶将推迟半个月上市
http://news.t0001.com/2012/0309/article_139230.html

他の産地同様、遅れる見込みとのこと。
記事では市中に出回る時期の目安として、黄山毛峰、霍山黄芽は4月15日ごろ、太平猴魁、六安瓜片は4月20日頃の発売になりそうだとか。

ちなみにお値段も値上がりが見込まれていて、予約茶の価格は昨年の2割増。量も少なくなるようです。

ただ、味はよいので安心して!と記事は締めくくられています。

産地情報の最近記事

  1. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  2. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  3. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  4. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  5. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

関連記事

PAGE TOP