中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 77 view

ニセモノの老茶を販売する悪徳業者

人気のある商材が出てくると、それを当て込んだ悪徳業者が出てくるのは、世の常。
しかし、さすがに中国の業者は相当スゴイです。
詳しくはこちらの記事で。

厦门:黑心茶商竟用变质茶充老茶
http://news.t0001.com/2011/0205/article_119798.html

老茶は最近注目を集めており、健康にも良いということで、高値で販売してくるそうです。
しかし、そんなに急に老茶が次々と出てくるわけはなく。

原価10元の鉄観音に”一工夫”することで、1000元の”老茶”に仕立てて販売するのだそうです。

それを買ってしまった方の被害談が載っていますが、茶葉の形がマチマチで、しかも一口飲んだらカビ臭かったとのこと。
ダメになった茶葉を老茶と称して高値で販売しているんですね。

現地に行かれる方は、騙されないようにご注意を。

 

市場環境の最近記事

  1. 2022年中国の茶の輸出入データ。輸出量は過去最多を更新

  2. 茶葉の品質安全検査の合格率、2022年は98%

  3. 2023年から関税品目に白茶とジャスミン茶が追加される

  4. ”七輪を囲んでお茶”のブームで注文が殺到する徳化県

  5. 福州市最大の茶葉市場・五里亭茶葉市場が閉場へ

関連記事

PAGE TOP