中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 4 view

茶葉会社上場レース、華祥苑が抜け出す?

中国の茶業界では、「どこの会社が茶葉会社として第1号上場を果たすか」に注目が集まっています。
先日、安渓鉄観音集団の上場取り下げを紹介しましたが、同時に申請していた福建のもう1社は順調にステップアップしているようです。

 

铁观音品牌“华祥苑”冲刺茶叶第一股

1月初,中国证监会公布的在审企业名单显示,拟主板上市的福建安溪铁观音集团正式终止审查。而另一个福建本土的铁观音品牌华祥苑将继续冲刺A股“茶叶第一股”。近日,证监会公布了最新的IPO申报企业基本信息表,福建茶企华祥苑的审核状态已从“初审中”变更为“落实反馈意见中”。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0206/article_157337.html

 

記事によると、「華祥苑」ブランドで鉄観音を販売している華祥苑茶業が、順調に上場準備を進めていることを報じています。

この会社は厦門から出てきた会社で、現在は安渓鉄観音の茶畑を5000畝と信陽毛尖の茶畑を3700畝保有しており、年4000トンの生産能力を持つ工場を備えているそうです。
創業は2001年で、創業者である董事長はまだ41歳と若いものの、全国に500あまりの系列販売店を抱えているとのこと。

福建ではこの他にも上場予備軍とされている会社が数社有り、こうした企業のどこが最初に茶葉会社として上場するかに注目が集まっているそうです。
地方政府が上場を見越して投資を行うなど、一種のバブル的な匂いも漂っています。

業界関係者は、上場一番乗りが目標になってしまい顧客の信任を得ることが疎かになるのではないかと懸念を表明しています。

 

全国の茶葉会社の経営者が争っている「茶葉会社としての上場第一号」の称号。
地元の期待がかかる上、鼻っ柱の強い経営者がほとんどなだけに、ますます加熱しそうです。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP