中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 136 view

今年の春茶の茶摘み時期予想

春茶のシーズンが始まっていますが、中国の有力な茶業誌である『茶周刊』が今年の春茶の茶摘み時期の予想を報じていました。

 

一年のうちで春の最も良いところは、何と言っても春茶でしょう。
春茶とは冬を越したあとに摘まれる、茶樹の最初の萌芽した芽葉で作られるお茶を指します。
かねてより春茶はお茶の愛好家から好まれてきました。

中国は広大な国であり、春茶の茶摘みシーズンも大変長いです。
大まかにいうと、我が国の大部分の地区の春茶は3月下旬に萌芽し、穀雨から立夏(4月中下旬~5月上旬)が春茶の生産シーズンで、産量は年間の茶葉総産量の40~45%を占めます。

今日は本誌がいくつかの茶産地の今年の茶摘み時期の取材と例年の経験から、我が国の多くの公共ブランドの春茶の茶摘み時間を表にまとめてみました。

春茶茶摘み時期表
ブランド 産地 茶摘み開始時期
白沙緑茶 海南 2023年12月下旬
五指山緑茶 2023年12月下旬
普安早茶 貴州 2月中旬
都匀毛尖 3月上旬
湄潭翠芽 3月上旬
江城早春茶 雲南 1月下旬
普洱茶 3月上旬
滇紅 3月中旬
月光美人 3月下旬
三江早茶 広西 2月上旬
霊山緑茶 2月上旬
蒼梧六堡茶 3月中旬
宜賓早茶 四川 2月中旬
蒙頂山茶 2月中旬
蒙頂甘露 2月中旬
峨眉雪芽 2月下旬
竹葉青 2月下旬
永嘉烏牛早 浙江 2月中旬
大佛龍井 2月下旬
開化龍頂 2月下旬
西湖龍井 3月中旬
余杭径山茶 3月下旬
安吉白茶 3月下旬
九曲紅梅 3月下旬
永川早茶 重慶 3月下旬
恩施玉露 湖北 3月上旬
利川紅 3月上旬
五峰毛尖 3月上旬
宜紅工夫茶 3月上旬
英山雲霧茶 3月下旬
青磚茶 3月下旬
湘西黄金茶 湖南 2月下旬
古丈毛尖 3月上旬
安化松針 3月上旬
君山銀針 3月中旬
安化黒茶 3月中旬
沅陵碣灘茶 3月下旬
福鼎白茶 福建 3月上旬
松渓九龍大白茶 3月上旬
坦洋工夫 3月上旬
柘栄高山白茶 3月中旬
政和白茶 3月下旬
漳平水仙 4月下旬
武夷岩茶 4月中旬
安渓鉄観音 4月下旬
肉桂 5月上旬
大紅袍 5月中旬
正山小種 5月中旬
霍山黄芽 安徽 3月中旬
屯渓緑茶 3月下旬
休寧松蘿 3月下旬
祁門紅茶 3月下旬
黄山毛峰 3月下旬
涌渓火青 3月下旬
敬亭緑雪 3月下旬
天柱剣毫 4月上旬
六安瓜片 4月上旬
太平猴魁 4月上旬
花果山雲霧茶 江蘇 3月上旬
南京雨花茶 3月中旬
洞庭碧螺春 3月上旬
婺源緑茶 江西 2月下旬
廬山雲霧 3月上旬
遂川狗牯脳 3月中旬
鳳凰単叢 広東 3月上旬
英徳紅茶 3月上旬
日照緑茶 山東 4月上旬
嶗山緑茶 4月上旬
紫陽毛尖 陝西 3月下旬
信陽毛尖 河南 3月下旬

 

日本ではほぼ見かけないお茶も含まれていますが、おおむねこの時期に茶摘みが行われるようです。
もっとも、お茶によっては製造工程の関係で、発売になる時期はずっと後になることもあります。
あくまで茶摘みが行われる時期、ということです。

産地情報の最近記事

  1. 祁門県、高山野茶の茶摘みで茶農家の増収を図る

  2. 福建省漳州市平和県、柚香奇蘭をEUに初輸出

  3. 潮州市鳳凰鎮の600年古茶樹、大庵”宋種”の茶摘み

  4. 金駿眉の新茶、4月20日より発売開始

  5. 安渓鉄観音の春茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP