中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 40 view

雲南省普洱市、有機茶認証企業数で全国一位に

雲南省は豊かな自然を活かして有機農業に力を入れている地域です。
その中でも、普洱市は有機茶の認証企業数で全国第一位になっているそうです。

 

国家市場監督管理総局の認証行政監督システムによると、2022年5月末までに、雲南省普洱市は中国有機製品認証企業が275社360件の証明書、624の認証製品を獲得しており、認証面積は67.61万畝に達し、認証企業数と証明書数は雲南省第1位です。
このうち、中国有機茶認証企業は245社322件の証明書、547の認証製品を獲得しており、認証面積は46.89万畝となっていて、認証企業数、認証証明書数で全国第1位です。
中国の有機コーヒー認証企業6社8件の証明書、16の認証製品を獲得しており、認証面積は2.8万畝に達しています。
中国有機バイオ医薬品認証企業は12社12件の証明書、21の認証製品を獲得しており、認証面積は2.89万畝となっています。
その他、茶油の種、食用植物油、米、クルミ、マンゴー、トウモロコシ、肉牛、マカダミアナッツ、タケノコ、コクレン、ハクレンなどの有機認証を取得しています。

 

有機農業の中でも、茶の占める割合はかなり大きいことが数値でも分かりますね。

産地情報の最近記事

  1. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  2. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  3. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

  4. 雲南白茶の特徴とメリット。福建白茶と比較すると・・・

  5. 雲南省双江県、1斤2~3元だった藤条茶の価格が十数年で80元あまりに

関連記事

PAGE TOP