中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 153 view

西湖龍井茶、3月18日より茶摘み開始

浙江省杭州の西湖龍井茶の初摘み日程が決まったそうです。

 

3月16日、2022西湖龍井茶保護管理記者会見での取材によると、浙江省市区の茶葉と気象の専門家チームの総合的な判断により、今年の”龍井43”品種は3月18日に茶摘みを開始し、群体種は3月下旬に茶摘みを開始することになりました。

群体種は西湖龍井茶産地の伝統品種で、”龍井43”は群体種の中から選抜育成された無性系品種で、発芽が早く、茶摘みは一般に群体種よりも7~10日早く、品質は基本的には同じ程度です。

取材によると、一般的に言うと、西湖龍井茶の品質を決める主な要素には、気候条件、茶園管理レベル、加工レベルなどがあります。「気候条件から見ると、昨年の冬の全体的な気象条件は茶樹の越冬に与える影響は大きくなく、今年の1~2月の雨や雪の天候は過去最多を更新し、茶樹の萌芽は少し遅くなりました。3月からは気温の上昇が早くなり、1日の気温差も大きくなり、かつ晴天が主になり、日照も十分で、茶樹の萌芽と生長に適し、茶芽の内容物の蓄積も十分です」と杭州市農業農村局の総農芸師の邵京華氏は言います。

茶園管理の点から見ると、近年、西湖区と西湖風景名勝区は統一した防除とグリーン防除技術を大いに推進し、ドローンによる防除や天敵を呼び寄せるタイプの殺虫灯、音や光で狙いを定める防除設備、シャクトリムシのホルモン誘導捕虫器などを使用して、農薬の使用を減少させることに成功しており、茶葉をより安全で、茶園をよりエコなものにしています。同時に、有機肥料の使用を推奨し、平衡肥料を配合肥料に置き換え、茶農家に化学肥料に替えて、菜種かすの有機肥料を使用するようにしており、土壌の地力が上昇していて、茶葉の内在品質が明らかに上昇しています。

加工の面から見ると、私たちは西湖龍井茶の伝統技術の伝承と保護活動にずっと力を入れてきており、手炒りのできる若い技術者の育成に力を入れ、西湖龍井茶の炒茶工のランク評価基準を作り、炒製技術訓練と炒茶技師等級の検討などを行い、炒茶コンテストなどを開催することで、加工水準を向上させ、手炒りの技術の伝承を促進しています。と邵京華氏は言います。現在既に、炒茶技能人材を類型で1220名育成し、その内訳は高級炒茶技師177名、炒茶技師332名、炒茶工711名です。以上の要素を総合的に考慮し、さらに専門家の現在の西湖龍井茶の茶樹の生長状況の分析を加味すると、西湖龍井茶の全体の品質は昨年を上回ると見込まれています。

『杭州市西湖龍井茶保護管理条例』は今月より施行され、この地方法規は文化の伝承と産業の発展、品質保護と向上、ブランド保護と標識管理などの面から着手され、西湖龍井茶ブランド保護を系統化して強化するための法律的な根拠となります。

 

今年の1月、2月はかなり寒く、茶摘みの遅れが懸念されていましたが、3月はかなり暖かい気候だったようで、ほぼ例年並みのスタートとなりそうです。
ただ、ブランド保護の強化などから、価格はかなり高めで推移しそうです。

産地情報の最近記事

  1. 雲南白茶の特徴とメリット。福建白茶と比較すると・・・

  2. 雲南省双江県、1斤2~3元だった藤条茶の価格が十数年で80元あまりに

  3. 西湖龍井茶の熱波被害、全体の10%程度か

  4. 高温続きで西湖龍井茶の茶樹が焼け焦げる

  5. チベット自治区、初の茶の新品種「蔵茶1号」を登録

関連記事

PAGE TOP