中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 80 view

2019年の茶園面積、雲南省がトップに返り咲く

最新の統計が発表され、2019年、雲南省が中国で最も茶園面積を有する省になったようです。

 

我が国の茶業は急速に成長しており、生産、加工、貿易、文化など様々な面で盛んに成長しており、2018年の国際茶葉委員会の統計によると、我が国は世界最大の茶葉生産国であり消費国です。

近年、我が国の茶葉の生産は安定的に成長しており、茶類の構造も持続的に良くなっています。我が国の茶区は広範に及んでおり、主要な茶の生産地域は北緯18°~37°、東経95°~122°の範囲内にあり、千以上もの県、市をカバーしています。地区で区別すると、我が国には華南、西南、江南、江北など4つの国家一級茶葉産地があります。土壌、海抜、水熱、植生などの面で差があるため、これらの四大茶区が産出する、茶樹、茶葉の品質、タイプはそれぞれ異なります。中国茶葉流通協会のデータによると、2019年、全国18の主要な茶産省(自治区、直轄市)の茶園面積は4597.8万畝で、そのうち、摘採可能面積は3690.77万畝で、300万畝を超える省は、雲南省、貴州省、四川省、湖北省、福建省です。

2019年の各省市の茶園面積の順位では、雲南省の茶園面積が全国1位で、699.9万畝になります。貴州省がすぐ後に続き、茶園面積は698.7万畝です。四川省の面積は第3位で、575万畝です。2018年の茶園面積のベスト10と比較すると、貴州省、雲南省、四川省、湖北省、福建省、浙江省、安徽省、湖南省、陝西省、河南省の順で、貴州省の茶園面積が全国1位でした。2018年の貴州省の茶園面積は684.3万畝で、雲南省の茶園面積は666.8万畝でした。2019年の各省市の茶園面積の具体的な順位は以下の通りです。

順位 省市 茶園面積(万畝)
1 雲南省 699.9
2 貴州省 698.7
3 四川省 575
4 湖北省 495
5 福建省 327.8
6 浙江省 306
7 安徽省 280.3
8 湖南省 266.3
9 陝西省 215.4
10 河南省 174.5
11 江西省 164.9
12 広西チワン族自治区 115.6
13 広東省 100.1
14 重慶市 70.3
15 江蘇省 50.8
16 山東省 35.6
17 甘粛省 18.2
18 海南省 3.6

※1畝は約15分の1ヘクタール≒0.067haです。

ほんの僅かの差で雲南省が首位奪回を果たしたそうです。
貴州省は最近急激に茶園を伸ばしていたのですが、全体的に供給過剰気味であることから、ここ1,2年ほどは伸び率を鈍化させていました。
もっとも茶園面積No.1になってから、貴州省の茶業関係者が妙に強気の発言が多く、あまり快く思わない人たちもいたようです。
そんな中で、雲南省が首位を奪還したというわけです。
700万畝までは行かないギリギリの数字を見ると、上手く操作した感もありますが・・・
貴州省側が、どのような形で対抗してくるのかが注目です。

産地情報の最近記事

  1. 六堡茶の生産量、年末には2万トンに達する見込み

  2. 今年の鉄観音秋茶はコスパ良好

  3. 台湾人が開拓し、地元に根ざす”大陸阿里山”

  4. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  5. 英徳茶の過去・現在・未来

関連記事

PAGE TOP