中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 184 view

福建省の今年の茶葉輸出動向

福州税関による福建省の今年の茶葉輸出状況が紹介されていました。

 

福州税関の統計によると、今年の過去4ヶ月間、福建省の茶葉輸出は7726.1トンで、前年の同期と比べて8.7%伸びています。輸出品目としては、烏龍茶、緑茶などがあり、主に日本、ASEAN諸国と香港などに販売されています。
写真は5月30日、福州市にある福建春倫集団で、製茶作業員たちがジャスミン茶を生産しているところです。

 

暑い日が増えてきたこともあり、福建省福州市では、ジャスミン茶の生産が始まっているようです。

コロナ禍で輸出が落ち込むかと思われていましたが、例年よりも輸出が伸びているようです。
ちょっと意外な気がします。

産地情報の最近記事

  1. 福建省福鼎市、”世界白茶発祥地”の称号を得る

  2. 『雲南省古茶樹保護条例』を可決。外国人への罰則も明文化

  3. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  4. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  5. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

関連記事

PAGE TOP