中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 4 view

湖北省鶴峰県、秋茶の茶摘み風景

湖北省では秋茶の収穫を迎えているようです。

湖北鹤峰:秋茶采摘忙 采茶机单日采茶3000斤

8月13日,湖北省鹤峰县走马镇古城村有机茶园里机声隆隆,茶农们在用采茶机采摘秋茶。只见一位茶农手持着的采茶机一路“欢歌”,来回穿梭,把一行行茶园修理成“平头”,将绿油油的茶叶吞入肚子。一旦“吃饱”,另外的茶农忙着掏空其肚子,以便再“吃”。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201608/00005203.html

8月13日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州鶴峰県走馬鎮古城村の有機茶園では、機械の音が鳴り響き、茶農家たちは茶摘み機を使って秋茶を摘み取っていました。1人の茶農家が茶摘み機を持って”喜びの歌”を歌いながら、行ったり帰ったりしていると、茶園は”角刈り”になり、つやつやした緑の葉がお腹に飲み込まれていきます。一旦”満腹”になると、別の茶農家がそのお腹をすぐに空っぽにし、また”食べられる”ようにしていました。

立秋から、この県では秋茶の茶摘みのピークに入りました。茶農家たちは茶摘み機を購入し、自分の茶園を摘み終えたら、他の茶農家のタイムリーな茶摘みを手伝っていて、茶農家の増収を助けるとともに、自分自身でも収入を得ています。茶農家の話によると、道路は全て茶園のそばまで通っているので、摘み取った茶葉を背負って茶園を出れば、誰かが農用車か三輪バイクで買い付けに来てくれ、1斤の単価は1元で、その場で計算し、支払ってもらえます。1畝の茶園は3時間足らずで全て摘み取ることができて、支出を除くと純収入は300元あまりになります。ある茶摘み機は1日に3000斤近くを摘めるので、1斤の工賃は0.3元で、1日の収入は1000元近くになります。

近年、この県では有機茶園の標準に従って生産を行っており、茶園面積は約28万畝、産量は50万担を突破、総合産出額は22億元以上にまで成長しました。

 

一部の地域では、既に秋茶のような比較的単価の安いお茶の茶摘み風景は手摘みから、機械摘みへと変わっているようです。こうした動きは、今の人手不足や摘み手工賃の高騰、そして茶荷の値上がりがあまり見込めないことなどを考えると、どんどん広がっていきそうな雰囲気です。

 

産地情報の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  3. 蒙頂甘露の品種検討会

  4. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  5. 石阡苔茶の産地

関連記事

PAGE TOP