中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 市場環境
  2. 5 view

2016年、中国の茶の産量は230万トンを超える?

中国の今年の茶の産量予測が出ていました。

2016年中国茶叶产量或将超过230万吨

茶叶是中国特色农产品,在国内外具有广泛的市场;茶叶同时也是劳动密集型的产业,它既是农产品,也是工业产品,不仅可以就地解决当地农民的就业问题,而且可以通过发展茶叶的加工,来增加农民收入。这几年,南方主要产茶地区通过发展茶叶生产来提高农民收入,在一些重点产茶县,茶叶收入占到农民总收入的80%以上。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201606/00004804.html

茶は中国の特色ある農産品で、国内外ともに広い市場があります。茶は同時に労働集約型の産業であり、それは農産品であり、工業製品でもあります。地元の農家の就業の問題を解決できるだけでなく、茶の加工を成長させることによって、農民の収入を増やすこともできます。ここ数年、南方の主要な茶産地は茶の生産の成長によって農家の収入を高めていて、これらの重点的な茶産県では、茶の収入は農民の総収入の80%以上を占めます。

中商産業研究院が発表した『2015-2020年中国茶業市場調査と成長見込み分析研究報告』のデータによれば、2015年中国の茶園総面積は4316万畝に達し、2016年の中国茶の産量は8万トン(訳注:おそらく転記ミス)に達すると見込まれています。2015年中国茶の市場規模は3000億元前後で、そのうちオンラインでの販売市場の規模は120億円に迫っており、2016年の茶のオンライン市場規模は150億元に達すると見込まれています。

ここ数年、我が国の茶の消費はまさに転換期にあり、茶産業はその名に恥じない成長産業で、茶文化ブーム、有機茶ブーム、保健茶ブーム、名優茶の勃興などの様々な要因によって、茶の伝統的な地域性の消費習慣は崩れてきており、より現代的で、多元化した茶の消費に取って代わられてきています。

中商産業研究院のアナリストは以下のように指摘しています。茶の消費は一種の伝統的な消費であり、成熟した消費でもあります。しかしここ数年は全く新しい変化が増えてきています。かつては、茶を淹れ、味わうことに主に集中していましたが、現在はより多元的で立体的な成長を見せていると言えるでしょう。現在、中国は既に全国民がお茶を飲む時代に入ったと言えます。もっともそれは中高年の消費者が茶の機能と品位について高い要求をするのと、若者は茶にファッションの要求をすることの2つに分かれていて、茶産業の産業チェーンを伸ばすことに直接刺激を与えていて、中国茶の市場は将来の数年間のうちに、また新しい飛躍的な発展の時代に入ることでしょう。

 

ここ10年で倍以上の成長となる見込みと報じています。
日本の茶の生産量は、1960年代からずっと8~10万トン程度で、長期的に横ばいで推移していますから、中国の茶業とは成長段階が全然違うわけで、日本の茶業の感覚で中国の茶業を見ると、全く見当違いの結論になってしまうこともありそうです。

市場環境の最近記事

  1. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  2. モロッコの残留農薬基準変更への対応

  3. 上海黔茶センターが設立

  4. 武夷山市政府、”茶青カード”を導入

  5. 過熱化する武夷岩茶の”大師”、”山場”競争に当局のメスが

関連記事

PAGE TOP