中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 7 view

太平猴魁、国家地理標志製品保護模範区に

太平猴魁の産地が国家地理標志製品保護模範区になるそうです。

安徽太平猴魁跻身国家地理标志产品保护示范区

日前,国家质检总局批准黄山市黄山区筹建国家地理标志产品保护示范区(太平猴魁茶),这是我省首个获批的国家地标产品保护示范区。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201604/00004212.html

先日、国家品質検査総局は黄山市黄山区に国家地理標志製品保護模範区(太平猴魁)を建設することを認可しました。これは我が省で初めての国家地理標志保護製品模範区となります。

太平猴魁茶は2003年には国家品質検査総局により国家地理標志保護製品に認定されました。保護を獲得してから、太平猴魁茶の知名度、産出額と経済効益、輸出拡大など様々な面で大いにプラスとなりました。2014年、太平猴魁茶の年間販売額は4.2億元に達します。

現在、黄山区には太平猴魁茶の専用標志を取得した企業が27社あり、生産許可証を得ている茶葉生産企業の50%を占めます。設立された合作社は30軒あり、そのメンバーは生産者総数の50.1%を占めます。品質と特色を保証するために、黄山区は毎年、茶葉生産企業からサンプルを抜き取って、国家農業標準化と監測センター、省の茶葉製品品質監督検査センターなどの専門の検査機関に送っています。

同時に、一部の企業が品質管理体系認証、環境管理認証、有機茶認証などを得るためのバックアップもしています。知名度をより高めるために、黄山区は製品を組み合わせて様々な茶葉博覧会にも出展しています。太平猴魁茶が地理標志保護を獲得して以来、黄山区では大規模な太平猴魁茶の偽物や品質の劣る商品などの事件は発生していません。

昨年、黄山区政府は太平猴魁茶国家地理標志保護製品模範区建設指導チームを設立し、『黄山区強い茶葉ブランド建設による茶業強化の実施意見』『黄山区茶産業専用資金サポート意見』『黄山区国家地理標志保護製品模範区設立プロジェクトの実施プラン』と『黄山区国家茶葉総合標準化模範区建設実施プラン』などの文章を相次いで発表しました。

国家品質検査総局は、我が省に対し、模範区の試験拠点に様々な要求を落とし込んで、関連製品の品質と技術規範や技術標準、品質保証と検査体系、専用標志の使用管理などについての完璧な整備を要求してきていて、2016年12月末には全ての建設プロジェクトが完成して、国家品質検査総局に建設プロジェクトの報告と審査検査の申請を行う予定です。

 

太平猴魁は地理標志保護製品として指定されてから、かなり厳格に管理を行っていて、お値段もずっとうなぎ登りなお茶の1つです。今回の指定は、ブランドの価値をさらに高め、産地の権益を保護する上では有効な手立てになるかもしれません。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP