中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 8 view

黄山毛峰の明前茶は減産。価格は上昇

黄山毛峰のイベントが開かれ、今年の様子が伝えられているようです。

黄山毛峰“明前茶”量减价增

3月30日上午,黄山毛峰开采仪式在原产地黄山市徽州区富溪乡举行,标志着全国十大名茶之一的黄山毛峰全面进入采摘期。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201604/00004204.html

3月30日午前、黄山毛峰摘み始め式が原産地の黄山市徽州区富渓郷で開催され、全国十大名茶の1つである黄山毛峰は本格的な茶摘みシーズンに入りました。

3月初めからの寒の戻りと曇りや雨の天候の影響で、今年の黄山毛峰の中心産地の開園は昨年よりも2日ほど遅れ、”明前茶”の産量は約20%前後減産となりました。現地に行ってみると、現在、地元の生葉の購入価格は1kg190元以上で、昨年よりも10%前後高くなっています。

取材によると、今年の茶葉マーケットの動向は全体的には高級茶は相対的に軟調で、中低級茶の販売が伸びる様相を見せています。市場の需要に対応するために、地元の多くの茶葉会社は販売量に合わせて生産をしたり、中低級茶の比重を増やしたり、ネットでの取引を増やしたり、サプライチェーンを伸ばしたり、生産と販売における新しい動向をより取り入れるようにしています。
 

黄山毛峰もやはり減産傾向にあるようです。
ただ、中低級茶の販売強化という観点から行くと、高額になりがちな明前茶は少なめでも良いのかもしれません。問題は、それで上手く茶農家や茶葉メーカーが適切な採算を取れるかですね。

産地情報の最近記事

  1. 安徽省の茶葉会社、3000トンの茶が水に浸かる

  2. 普洱茶の名産地・昔帰の忙麓山

  3. 2019年の茶園面積、雲南省がトップに返り咲く

  4. 法外な値段の武夷岩茶の裏にある事情

  5. 普洱茶六大茶山のそれぞれの特徴

関連記事

PAGE TOP