中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 6 view

安渓鉄観音、世界農業遺産登録へ

安渓鉄観音が世界農業遺産申請に向けた、国内暫定リストに登録されたそうです。

安溪铁观音茶文化系统入选全球农业遗产预备名单

日前,农业部办公厅下发通知,公布中国全球重要农业文化遗产预备名单,安溪铁观音茶文化系统等17个传统农业文化系统入选。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201603/00004152.html

先日、農業部事務所が発した通知によると、中国の世界中要望業文化遺産暫定リストが発表され、安渓鉄観音茶文化など17の伝統農業文化が入選しました。

安渓鉄観音の茶文化は、伝統鉄観音品種を選抜して育てて、植えて栽培し、植物の保全管理、茶摘みと製造技術と茶文化を核心とする農業生産の一連のシステムで、これらの生産過程には生物多様性を多く含み、生態システムの機能が発揮されていて、人文と自然景観の特性もよく表われています。この核心地域は安渓県西坪鎮および松岩、堯山、堯陽、上堯、南陽など5つの村を含みます。2014年5月、農業部は安渓鉄観音茶文化システムは第二回中国重要農業文化遺産の一つとなったことを発表しました。

一般の文化遺産とは異なり、農業文化遺産は1つの開放的で、動態のシステムで、保護の過程において、伝統的な生産方式、伝統的な種などの遺伝資源を保護するとともに、地元の経済も発展させ、庶民の生活も高める必要があります。2002年、国連農業機関(FAO)は世界重要農業文化遺産保護プロジェクトを開始しました。全世界の重要農業文化遺産とその景観、生物多様性、知識と文化保護のシステムを確立することがその趣旨です。

「中国世界重要農業文化遺産の暫定リストに選ばれることは、安渓鉄観音の品種、栽培と加工技術を保護し宣伝することで、安渓鉄観音の歴史と文化をさらに豊かなものにし、遺産に選ばれた地域の農民の就業と増収を図る上でも重要な意義があります」と県農業局の担当責任者は述べています。
中国でもかなり急ピッチで世界農業遺産への対応が進められていて、安渓鉄観音も早くから動いていた産地の1つですが、いよいよその実現は秒読み段階に入ったようです。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP