中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 1 view

今年の西湖龍井茶の標章は3種類

西湖龍井の今年の標章が発表されました。

正宗西湖龙井将贴3种标识 首次采用二维码防伪

地理標章・証明標章・茶農標章

作为中国十大名茶之一,西湖龙井茶受到了众多茶友的喜爱,判断自己买的龙井茶正不正宗,也是许多人关心的问题。记者了解到,今年的防伪认证标识一共有3种,分别是:由杭州市西湖龙井茶管理协会印制的茶农标、证明标,以及由质检部门印制的地理标,其中茶农标由茶农或合作社在自售的时候使用,证明标和地理标由获得授权的相关企业使用。值得一提的是,以上三个标识今年均首次采用了二维码防伪查询,消费者拿手机一扫就能知道真假。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201603/00004031.html

中国十大名茶の1つとして、西湖龍井茶は多くの茶の愛好家に好まれていて、自分が購入した龍井茶が本物かそうで無いかを判断するというのは、多くの人にとって関心のある問題です。取材によると、今年の偽物防止の認定標章は3種類が1セットになっています。分類すると:杭州市西湖龍井茶管理協会が印刷した茶農標章、証明標章と品質検査部門が印刷した地理標章です。このうち、茶農標章は茶農家や合作社が自分たちで販売する際に使用し、証明標章と地理標章は使用権利を得た企業が使用するものです。注目に値するのは、以上の3つの標章は今年揃って、初めてQRコードによる問い合わせができるようになったことで、消費者は携帯電話をかざすことで、それがホンモノかニセモノかを知ることができます。

これらの標章を獲得することは容易ではありません。「たとえば、地理標章を得ようとすれば、会社は厳格な審査をパスしなければいけなくて、さらにはその年の検査報告を提出しなければならず、かついつでも我々の検査を受け入れなければなりません」と西湖景区市場監督管理局副局長の陳暁東氏は言います。龍井春茶の茶摘みと発売の際には、監督管理部門がより規範に沿った企業の生産経営活動をするように、また消費の領域で抜き取りサンプル検査を行い、タイムリーに問題のある茶葉や茶葉会社に対して措置を執ります。

これと同時に、今年の西湖龍井茶に関するイベントは豊富で多彩です。3月25日、茶葉博物館龍井館地域で”2016年西湖国際茶文化博覧会開幕式と西湖龍井初摘みまつり”が行われる他、3月21日には釜炒りコンテスト、3月23日は茶葉会社と京東商城が開催する”京東春茶まつり”、4月1日は高級炒茶技師の試験といずれも見る価値のあるイベントがあります。

このほか、茶農家へのサービスをよりよく行うために、関連部門は様々なプロジェクトを行っており、西湖区農業局副局長の姚嵐氏によれば、「私たちは茶協会に委託し、浙江順豊速運公司と戦略提携を行い、茶農家と茶葉会社が春茶の速達サービスを専門的に行うことにしています」と言います。

 

西湖龍井のしっかりとしたお茶を購入したいのであれば、このマークの存在は知っておいた方が良いかもしれません。もちろん、協会への上納金などが発生するので、割高にはなるのですが・・・

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP