中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 6 view

雲南省元陽県、古茶樹加工技術訓練会を開催

雲南省紅河ハニ族イ族自治州にある元陽県では、古茶樹の加工技術訓練会が開催されたそうです。

云南元阳农业局开展古茶树加工技术培训会

 

 

随着哈尼梯田旅游升温,普洱茶的提升,古树茶的茶叶深受消费者喜爱, 价格上涨,每公斤高达300元。根据本县古树茶资源优势,5月29日,农业局茶技站在嘎娘乡吉居地村委会洋坪村民小组举办古茶叶加工技术培训会。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201506/00001537.html

ハニ族の棚田への旅行が人気になり、プーアル茶の地位向上と、古樹茶のお茶が消費者により受け入れられるに従って、価格は上昇し、1kgで300元にもなりました。我が県には古茶樹資源が多くあることから、5月29日、農業局茶業技術所は嘎娘郷吉居地村委員会の洋坪村民小組において、古茶樹の茶葉加工技術訓練会を開催しました。

農業局の劉沂霖副局長がこの会に参加し講話を行いました。劉副局長は、古茶樹の茶葉の業界動向を分析し、古茶樹の開発と保護政策について説明しました。茶業技術所の2名の専門家が古茶樹の管理技術と茶摘みの要点、加工方法などについて詳しく解説しました。その場では茶の殺青、揉捻技術のデモンストレーションも行われました。この活動は多くの村民に歓迎され、50名あまりが参加しました。

 

プーアル古樹茶の値段が上がるに従い、農家による摘み取りすぎの問題が起こり、古茶樹の保護が叫ばれています。
こうしたことが起こるのも、茶の栽培の生産技術に関しての無知さゆえに起こることもありますし、製茶技術の未熟さがみすみす商品価値を落としていることもあります。
地道ではありますが、このような活動こそが保護に繋がるのではないかと思います。

 

産地情報の最近記事

  1. 無量山の茶を守る人

  2. 紫陽茯茶の生産現場をメディアに公開

  3. お茶の害虫をスマホで調べるミニプログラム

  4. 80後の女性社長が引き継ぐ六堡茶の伝統技術

  5. お茶が分かりにくくなる理由

関連記事

PAGE TOP