中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 標準・基準
  2. 24 view

全国茶館等級評価会議、北京で始まる

茶館をホテルの5つ星、4つ星のようにクラス分けをする作業が北京で始まったそうです。

全国茶馆等级划分与评定工作5日在京启动

全国茶馆等级划分与评定工作5日在北京正式启动,将在全国范围内全面开展茶馆等级评审工作,以进一步促进我国茶馆行业服务的规范化、标准化,推动整个茶馆行业健康有序发展。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201505/00001164.html

全国茶館等級設定と評価作業が5日、北京で正式に始まりました。これは全国の全ての茶館の等級を認定するもので、我が国の茶館業界のサービスを規範化、標準化することを促進し、茶館業界の健全で秩序ある発展をもたらすものです。

取材によって分かったことは、「茶館の等級分類と評価」は商務部から発表され、昨年12月1日から正式に実施されました。この1つの標準に基づき、その茶館の会社の資質に応じて、1つ星から5つ星までの5段階の区分があります。茶館の会社の規模、設備や施設、茶葉やお茶の品質、サービス能力、管理レベル、技術力、そして環境や衛生状況などの内容を総合的に判断し、消費者が茶館を選ぶ際の科学的な根拠を提供し、参考にしてもらうというものです。

この標準を実際に運用する、国資委商業飲食サービス発展センターの全国茶館等級評価委員会の責任者によると、昨年4月に標準が発表されてから、全国茶館等級評価委員会は準備を進め、これまでに9回の全国茶館等級評価員の育成クラスを開講しました。このほか、全国茶館等級評価委員会は、全国に地方事務所を設立し、全国茶館等級評価委員会が各地で業務を順調に行えるようにしています。
元々は杭州の地方標準だったものを、全国クラスに格上げし、今回が初めての全国評価ということになります。

 

標準・基準の最近記事

  1. 陳香型鉄観音についてのQ&A

  2. 宜昌紅茶標準連盟設立。標準制定へ

  3. 六堡茶の国家標準公布。来年1月より施行

  4. 六堡茶の製造と官能審査用語、地方標準に

  5. 花茶の標準化会議、福州で開催

関連記事

PAGE TOP