中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 13 view

西湖龍井の偽物撲滅運動が本格化

中国ではホンモノを買うのが難しいと言われますが、最近はメーカー側が法律を盾にした取り締まりを強めているようです。
特に緑茶のトップブランドの1つである西湖龍井はかなり強硬に法的手段に出ているようです。

西湖龙井无锡打假首案开庭 超市涉嫌售假遭索赔16万元

中国十大名茶之一的西湖龙井打假潮在全国各大城市陆续掀起,目前江苏省无锡市仅滨湖区法院就已立案8起,无锡一些大型超市和个体茶叶店先后被告上法庭。近日,西湖龙井来无锡打假第一案在该市滨湖区法院开庭审理,商标所有人杭州市西湖龙井茶产业协会状告一家大型外资超市未获商标使用授权却销售西湖龙井茶和包装盒,涉嫌商标侵权,索赔16万元。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/1225/article_176420.html

中国十大名茶の1つである西湖龍井は全国の各主要都市での偽物撲滅の動きを活発化させており、現在、江蘇省無錫市の浜湖区の裁判所だけで既に8件を起訴しており、無錫のある大型スーパーマーケットや個人の茶葉店が被告となって法廷に立たされています。最近、西湖龍井の無錫でのニセモノ掃討運動の最初の公判が無錫市浜湖区の裁判所であり、商標所有者の杭州市西湖龍井茶産業協会は、大型外資系スーパーが商標使用権の無いままに西湖龍井茶の販売とパッケージを使ったことが商標侵害に当たると訴え、16万元の賠償を請求しました。

原告の代理人である弁護士によると、今年10月、原告が行った無錫市での市場調査の際に、この外資系スーパーは権利を得ないまま、パッケージの内外に“西湖龍井”の文字を印刷した茶葉を販売していたことを発見しました。このあと、原告の代理人である弁護士が公証人を連れて、そのスーパーへ出向いたところ、茶葉はガラスの器の中で量り売りで販売されており、標章には”明前龍井”とあり、100gの販売価格は117元でした。これを200g購入しました。このほか、スーパー内には他にも”西湖龍井”の文字があるパッケージのものがあり、この1つの価格は30元でした。
「このスーパーの中には同一の種類の商品で、西湖龍井の登録商標と似た商標を使ったものがあり、西湖龍井の登録商標の使用権を侵害しており、このスーパーには侵害行為の停止と経済損失の賠償を求めます」と原告側は言います。

取材によると、西湖龍井は地理標志証明商標で、産地は杭州市西湖区の龍井茶葉だけにのみ、使用が認められている商標です。この案件の茶葉は、杭州の西湖龍井茶の産地から来たものでは無かったのでしょうか?法廷では双方がこの点について争いました。
スーパー側の代理人の弁護士は、この茶葉は多くの流通を経ており、その最初のメーカーが西湖龍井茶区の中にある生産者かどうかを確認することはできない、と述べました。
原告側は、スーパーで販売されていたガラス器に入っている販売店を既に見つけており、これは杭州市西湖区の龍井茶産業協会の会員では無い、と認識しています。

法廷で争われたもう1つの争点は、賠償金額の問題です。スーパー側の代理人の弁護士は、スーパーにおける案配面積と販売金額に関しては統計が無い。そして本訴状が到着した後に、スーパー側はすぐにこのパッケージの使用を停止したと弁明しました。
原告側の代理人弁護士は、このスーパーは西湖龍井のブランド影響力を利用して利益を獲得し、原告が被った損失は計算できない。全国の同規模の都市で起こった同様の案件の賠償金額と、このスーパーの規模と経営状況を勘案し、16万元の賠償を要求すると述べました。

 

流通側も割と安易に名前や値付けをしてきた傾向がありますが、そうしたところをブランド意識に目覚めたメーカー側は法的に理詰めで追い詰めていくことになりそうです。
こうした動きがどんどん広がれば、玉石混淆の市場も少しは分かりやすくなるのかもしれませんが、その一方で、様々な弊害も出て来そうです。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP