中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 2 view

第4回無形文化遺産に選ばれたお茶一覧

あちこちの地方紙で、おらが町のお茶の製法が無形文化遺産に!という記事が書かれているのですが、それらをまとめた記事がありましたのでご紹介します。

多项茶叶制作技艺入选国家非遗代表性项目名录

国务院日前批准并公布文化部确定的第四批国家级非物质文化遗产代表性项目名录和国家级非物质文化遗产代表性项目名录扩展项目名录。福州茉莉花茶窨制工艺、赣南客家擂茶制作技艺、婺源绿茶制作技艺、信阳毛尖茶制作技艺、恩施玉露制作技艺、都匀毛尖茶制作技艺、滇红茶制作技艺、赵李桥砖茶制作技艺、六堡茶制作技艺等茶叶制作技艺被列入国家级非物质文化遗产代表性项目名录或扩展项目名录。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/1212/article_176135.html

国務院は文化部が確定した第4回国家無形文化遺産代表的項目リストと国家無形文化遺産拡張リストを承認し、発表しました。福州ジャスミン茶の香り付け技法、赣南(訳注:江西省南部)客家擂茶の製造技法、婺源緑茶の製造技法、信陽毛尖茶の製造技法、恩施玉露の製造技法、都匀毛尖茶の製造技法、滇紅茶の製造技法、趙李橋磚茶の製造技法、六堡茶の製造技法などの茶葉製造技法が、国家無形文化遺産代表的項目リストおよび拡張リストに選ばれました。

取材によると、第4回国家無形文化遺産代表的項目リストの申請は昨年から始まり、全国各地から1111のプロジェクトが寄せられ、これらには民間文学、伝統音楽、伝統舞踊、伝統演劇、曲芸、伝統スポーツや遊戯と雑伎、伝統美術、伝統技法、伝統医薬、民俗など10種類に分けられます。今回、国務院の発表した情報では、「中華人民共和国無形文化遺産法」に照らしてという記述があり、”国家無形文化遺産リスト”という名前は”国家無形文化遺産代表的項目リスト”という名前に調整されました。

 

茶名と産地だけ書き出してみますと、

・福州茉莉花茶(ジャスミン茶) 福建省福州市
・客家擂茶 江西省赣州市
・婺源緑茶 江西省上饒市婺源県
・信陽毛尖 河南省信陽市
・恩施玉露 湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州
・都匀毛尖 貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州都匀市
・滇紅    雲南省臨滄市
・青磚茶   湖北省咸寧市赤壁市
・六堡茶   広西チワン族自治区梧州市

となります。
これらのお茶は、「○○茶の製法は国の無形文化遺産に選ばれており・・・」という肩書きが新たに加わったということですね。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP