中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 10 view

祁門県の秋の茶園管理

茶畑は茶摘みの時期に脚光を浴びることが多いのですが、それ以外の時期にも茶農家の皆さんは茶園管理に励み、よりよいお茶を育てようとしています。
祁門紅茶の産地である、安徽省黄山市祁門県の茶園管理の様子が紹介されていました。

祁门县全力抓好秋季茶园管理工作

近段时间,祁门县各地茶叶种植大户积极组织人力,调配用具,全力抓好秋季茶园管理,以促进茶叶生长,提高明年茶叶出芽和茶叶品质。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0917/article_174015.html

最近、祁門県各地で茶の栽培を大きく行っている農家は、人を組織して、道具を整え、秋の茶園管理に取りかかっています。これによって茶の成長を促し、来年の茶の発芽と茶の品質を高めるのです。

ここ数日、祁門県の多くの茶農家は茶の剪定作業に追われています。祁門県の農業部門の技術職員は、手分けして各茶産地の奥深くに入り込み、茶農家に機械を使った科学的な茶葉の剪定を指導しています。農業技術職員の話によると、機械による茶の剪定は、時間と労力を節約するだけでなく、茶樹の回復にも効果があり、発芽をより早く、スピーディーにする効果があり、茶園の経済効率を高めるとのことです。

秋になってから、茶樹の秋の梢は萌芽して成長をし始めており、同時に茶園の雑草の生長の勢いもやや強いです。秋に茶園を掘ることは茶園管理の標準化、生産のクリーン化の基礎になり、茶園の肥力を増強し、茶樹の成長の勢いを高め、茶の品質を高めるのにとても良い効果をもたらします。
8月末から、箬坑郷の千畝祁春茶葉園では、毎日30名あまりの村民が組織されて、秋の茶園の掘り起こしを行っており、来年の茶の摘採と増収の基礎作りを行っています。「最も良いお茶を栽培することが私たちの茶園のモットーです。茶園管理は全国標準茶園の基準に沿って厳格に行っており、雑草を取り、害虫防除などの管理を行っており、積極的に緑色、生態、有機茶園を作り出そうとしています」と祁春茶葉園の董事長・寥善宝氏は話しています。

茶樹は春、夏茶の摘採を終えると、茶樹は大量の栄養物質を消耗し、樹勢が弱ります。同時に気温も高くなるので、茶樹には病虫害が出やすくなります。茶の病虫害の発生を予防するため、古渓郷生態高効率茶園、祥源祁紅茶葉専業組合は積極的に技術職員を組織して茶の予防処置を行っており、茶樹の成長と来年の茶の産量と品質に影響が出ないようにしています。

秋冬の茶園管理を確実にするために、祁門県の農業部門は多くの技術サービスチームを組織し、手分けして、集中的で、同一の基準による茶園管理を指導し、県内全域の茶園の管理レベルを高めています。祁門県はまた、龍頭茶葉企業や茶葉組合に模範となるような姿勢を示してもらい、”組合+会社+茶園+農家”のモデルを採用し、茶園において科学的な統一管理を実行し、茶の出元での品質を高め続けることにより、祁門紅茶の品質を高めるようにしています。

 

現在の中国の茶園管理は、どちらかというと増収の方向を重んじた管理をやっているようです。

産地情報の最近記事

  1. ネット販売が好調の大田美人茶

  2. 安渓のスマートな害虫防除技術

  3. 湖北省宜昌市で無人の生産ラインが始動

  4. 貧困県にUターンした4人兄妹が作る黄茶

  5. 嶗山茶の茶摘み始まる

関連記事

PAGE TOP