中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 4 view

黄山毛峰も産量減、価格上昇

安徽:黄山毛峰量减价高

安徽省黄山市徽州区是中国名茶黄山毛峰的发源地和主产区,现有茶园5.2万亩。受年初低温雨雪天气影响,今年茶叶产量较往年减少20%至30%。但是,由于近年来该区引导企业改进生产工艺,提高茶叶品质,着力打造知名品牌和提高市场占有率,今年茶叶收购价格较往年提高了3至5倍。(李健)

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2010/0427/article_107535.html

安徽省黄山市徽州区は中国の名茶である黄山毛峰の原産地と主産地であり、現在約3500ヘクタールの茶園がある。年初の低温と雨や雪の影響を受けて、今年の茶葉生産量は例年から20%~30%の減少となった。ただ、近年この地域でリーダーとなる企業が生産方法の改善を行った結果、茶葉の品質が高まり、ブランド化と市場シェアを高めることに着手した結果、今年の茶葉買い上げ価格は例年の3倍から5倍になりました。

 

少し遅く摘まれる黄山毛峰も、やはり天候不順の影響を免れなかったようです。著名な名茶の中では比較的買いやすいお値段のお茶だったのですが。

産地情報の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 蒙頂甘露の品種検討会

  3. プーアル茶の品質は何故優れているのか?

  4. 石阡苔茶の産地

  5. 「世界抹茶之都」を目指す、貴州省銅仁市

関連記事

PAGE TOP