中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 86 view

温州で「黄葉早」が発売開始

浙江省の中でも温暖で早摘みのお茶がたくさん生産されている、浙江省温州市。
なんでも、四大早摘み品種なるものがあるそうです。

温州茶山“黄叶早”开摘上市
http://news.t0001.com/2011/0307/article_120984.html

永嘉県の烏牛早、平陽県の早香茶(平陽特早茶)、瑞安市の清明早、そして黄葉早なのだそうです。
黄葉早は、海抜400mほどの大羅山一帯の京山村、羅山村、羅勝村が主産地です。
この品種の春茶は発芽が特に早く、一芯一葉ないしは二葉になるのは2月末で、3月はじめには名優茶として販売が可能であり、一般的な品種に比べると20日あまりも早いのだそうです。
しかしながら、今年は寒気の影響で、10日あまり遅れての茶摘み開始となりました。

産地情報の最近記事

  1. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  2. 製茶ロボット、勐海茶廠で稼働開始

  3. 今年の武夷岩茶の三大茶王が誕生。過去最高のコンテスト規模に

  4. 浙江省金華市武義県、抹茶の輸出をバックアップ

  5. 安渓鉄観音の秋茶、品質は良好。価格は値上がり傾向

関連記事

PAGE TOP