中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 16 view

安渓、農薬のトレーサビリティ制度を導入へ

農薬問題というのは、お茶の安全性を語る上で、大変大きなテーマすが、安渓県では農薬のトレーサビリティ制度導入に向けて動き出したようです。

安溪农药使用实施“倒追查”制度
http://news.t0001.com/2011/0306/article_120961.html

記事によると、ニセモノの農薬や残留性の高い農薬の販売や使用を禁止するとともに、農薬がどのように販売され、保管されていくのかということを電子的に記録し、茶農家への販売や茶農家の使用を追跡できるようにするとのことです。
中国国内でも、食の安全性については議論の的になっており、”緑色食品”という制度もできるほどです。
遅れているといわれていた中国の食の安全事情ですが、少しずつ進歩してきているようです。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 国際的なお茶ブランドを目指す”華祥荘園”

  2. 景谷大白茶、地理的表示製品の現地調査を実施

  3. ”岳陽黄茶”の高鉄列車が運行開始予定

  4. EUと中国の地理的表示協定が欧州理事会で承認される(対象中国茶のリストあり)

  5. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

関連記事

PAGE TOP