中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 7 view

福州市のジャスミン茶保護法案、月末に通過の見込み

ジャスミン茶の産地である福建省福州市で、ジャスミン茶保護法案というものが検討されているようです。

福州市茉莉花茶保护法有望月底通过

18日,部分省人大常委会委员和省人大法制委委员就福州茉莉花茶保护立法情况开展调研。据悉,《福州市茉莉花茶保护规定》月底将提交市人大常委会会议三审,有望获得通过并报省人大常委会批准。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0423/article_169539.html

18日、省人民代表大会常務委員会の一部の委員と、省人民代表大会法制委員会の一部の委員が、福州ジャスミン茶保護立法の状況の調査研究に着手しました。
取材によると、「福州市茉莉花茶保護規定」は月末には市の人民代表大会常務委員会の会議で三回審議され、通過することが見込まれており、省人民代表大会常務委員会の批准も見込まれています。

調査研究チームの一行は、福州市晋安区宦渓鎮で春倫集団の生態茶園を視察し、市人民代表大会常務委員会での関連立法状況の報告を聞き取り、座談会を行いました。
取材によると、この法律は、我が市で製茶に用いられるジャスミン茶の栽培、ジャスミン茶の加工製造技術とジャスミン茶ブランドの保護を行うために作られた法案です。
法律は「福建省促進茶産業発展条例」に規定が無い部分に重点が置かれており、また我が市のジャスミン茶保護において実際に必要となる内容を細かく補完しています。また、この法案は、「杭州市西湖龍井茶茶園保護条例」の立法ノウハウを参考にしており、ジャスミンの花畑の確定、採集とジャスミン茶の加工製造技術の伝承およびブランドの推進などが特色となっています。

今後、市政府はジャスミンの栽培に適した地区を確定して畑を作っていき、ジャスミンの花畑でも級別の保護を行うとともに、厳格で明確な採集条件を定めることにしています。市の農業行政担当部門は、ジャスミン茶の製造技術の後継者育成にも力を入れ、後継者には奨励と資金援助を行う予定で、後継者の支援を通じて伝統的なジャスミン茶の製造技法を守っていく方針です。

 

ジャスミン茶の産業を発展させられるよう、法制度も整備していく方針のようですね。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  2. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

  3. 涇陽茯茶文化研究とプロモーションセンター設立

  4. 普安紅茶、普安四球茶、地理標志証明商標を獲得

  5. 瑶山紅茶の製造技術、湖北省の無形文化遺産に

関連記事

PAGE TOP