中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 3 view

できたての新茶をすぐに飲むのは御法度

お茶は基本的に健康によい飲み物なのですが、飲み方を間違えて極端なことをすると害を及ぼすこともあります。
昨今の新茶の時期には特に気をつけなければならない症状があります。

喝新茶喝出胃出血 新茶放一放在喝

4月是新茶上市的时期,最近南京市第一医院消化科收治5名因为喝新茶而导致生病住院的市民,并且数量还有上升趋势。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0421/article_169451.html

4月は新茶の発売される時期ですが、最近、南京市第一医院の消化器科には新茶を飲んだことにって病気となって入院した患者が5名おり、その数は増す勢いだといいます。

お茶の好きな于さんは、毎日、大きなカップで3杯のお茶を飲みます。先週、友人が彼に一箱千数百元の新茶を送ってきてくれて、これは本物の”明前茶”だと言われました。
意外にも、数日間飲んだところ、彼は胃酸がこみ上げてくる感じを覚え、何かを食べると腹部が膨張し、時にはげっぷも出ました。最初は、最近宴会が多く、食べ過ぎていたので、消化不良によるものだと思っていました。
また数日しても、腹部の膨張感は消えず、さらに胃の痛みが始まりました。一昨日の午前中、朝食を半分ほど食べた頃に、突然口から血を吐き、彼は急いで第一医院の救急科に急いでやって来て受診しました。

南京市第一医院の消化器科の主任・張振玉氏の話によると、春茶は加工したばかりの時は、ポリフェノール類、アルコール類、アルデヒド類は十分に酸化しておらず、胃や腸に対しての刺激は強いのです。そのため、大量に新茶を飲むと、下痢や腹部の張りなどの不良反応が起こる可能性があります。
事実、茶農家の生活での経験は私たちに一つの啓発を与えてくれます。一般に、新茶は出来上がったすぐ後、普通はすぐに飲まず、半月ほど経ってから飲むのです。このようにして飲むお茶は、胃腸への強烈な刺激が無いだけでなく、茶の香りや味もより豊かになっています。
実際、少し時間をおくと、茶の中のポリフェノール類やアルコール類はさらに酸化が進むのです。
新茶は刺激が非常に強いので、少し置いてから飲むというのが大切ですね。

科学と機能性の最近記事

  1. 紅茶の発酵程度を定量化するシステム

  2. 害虫が茶葉の不揮発性代謝物質の形成に与える影響

  3. 茯茶の金花が特別なところ

  4. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  5. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

関連記事

PAGE TOP